成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年12月14日

マインドの語り方 〜ブランディング考 その20



こんにちは。
アドマスです。




ブログランキングに参加中!

良かったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

あたたかい一票に感謝^^









お店のマインドを語ろう。




そんなアドバイスをすると、
いきなり『目指せ!顧客満足度で地域一番店!!』的な
スローガンを店頭に貼りだしてしまう店主がいたりする。



お客さんの共感と支持を得たいから
お店のマインドを語ろうとしているのに、

上の店主みたく、
自店のスローガンを押し付けることで、
お客さんにドン引きされたら本末転倒だ。




共感と支持を得るためにやる、
マインドの語り方にはちょっとしたやり方がある。

その中のいくつかを紹介したい。






その前に、
前提としてもっておきたい考え方がある。



それは、
『1人称を捨てて、2人称に徹する』ことだ。






以前このブログで紹介したが、
嫌われる人の会話はどんなものだろう?

思い出していただきたい。



おそらく、
相手の話は一向に聞こうとせず、
ひたすら自分のことばかり話し続ける、
そんな独りよがりな会話だろう。


つねに、
「私が・・・私が・・・」というやつだ。

さらに、
「私が・・・私が・・・」と話す人は、
おしなべて自慢話や愚痴が多かったりする。



話を聞く方は、たまらない・・・




そこで、
冒頭のお店の例で考えよう。


『目指せ!顧客満足度で地域一番店!!』というスローガン。


あくまで『目指せ!顧客満足度で地域一番店!!』は、
そのお店が目指している願望であり目標だ。



「私が・・・地域一番店になる・・・」

まさしく嫌われる人の会話そのものだ。
それを押し付けられてもお客は迷惑なだけ。


マインドを出力する時は、
「私が・・・」的な形になっていないか、
細心の注意が必要だ。



次に、
2人称に徹すること。


2人称=あなた。


私のお店は、
「あなた」がこういう状態になるために存在する。

私のお店は
「あなた」がこれを実現するために存在する。


2人称に徹したお店のマインドとはこうだ。



人間の抱く「共感と支持」は、
自分の状態や利得と比較して生まれるもの。

その人が、
自分にとって快感であったり、便利であったり感じることができて
はじめてその感情は生まれる。


極端な話、
お店の主張なんて、
お客さんはどうでもいい・・・


「自分が、そのお店と関わってどうなるのか?」


お客さんサイドの関心は、
まさにこの1点に集約される。


実にシビアだ・・・



以上の理由から、
あなたが自分のマインドを発信しようとすれば、

「あなたは、私のお店と関わってどうなるのか?」を
語れば良いという結論になる。




今回紹介したお話を理解してもらった上で、
具体的なマインドの語り方についてお伝えしていこうと思う。




おっと、
続きは次回から・・・^^










今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

ツールを使いこなす 〜ブランディング考 その21



こんにちは。
アドマスです。




ただいま、
ブログランキングに参加中!

よろしかったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

今日もありがとうございます。
あたたかい一票に感謝、感謝^^









お店のマインドをどう語るか?



これは、
お店の思いをお客さんにどう伝えるか?
と言い換えることができる。



思いをうまく伝えるには、
いくつかの方法がある。




そのひとつに、
ツールの力を借りる方法があげられる。




理容業でいうツールといえば・・・
必須の商売道具、ハサミにドライヤー。



コミュニケーションするためのツールと言えば、
店頭や店外でお客さんに見てもらったり、読んでもらったりして
あなたの代わりとなってお店の思いを伝えてくれる道具だ。

この商売道具も
ハサミ同様に必要だし、是非とも使いこなしたい。



代表的なものは、
店頭に設置するポスター、POP、メニュー、かわら版など。

配布するものでは、
ショップカード(名刺)、紹介カード、パンフレットなど。

さらに大量に配布する、
折込みやポスティングするためのチラシなど。

街頭で配布する、
ハンドリーフレットやノベルティなど。




これらツールのほとんどが、
印刷物の形態を取っている場合が多い。



説明するまでもなく、
印刷物の情報は文字と画像ででき上がっている。

情報を取りこぼすことなく、
相手に均質に伝えることが可能だ。


多くの人に印刷物レベルの正確さで、
情報を伝えようとしても、口頭ではそうはいかない。



また、
印刷物はある種、
客観的に情報を伝えてくれる側面を持つ。

(あくまで情報の作り方次第だが・・・)




仮に、
あなたが髪を切っているお客さんに、
自分の商売への熱い思いを延々と語ったら
そのお客はどう思うだろうか?


おそらく、
10人のうち9人は『ウザっ』って思うはずだ。



また一方で、
仕事に対する熱い思いからお店のサービス体系まで、
お店の全体像がわかるようなパンフレットを
帰り際に手渡すようにしたらどうだろう。


あなたのお店への印象が悪くなければ、
パンフレットに目を通してくれるはずだ。



さらに、
そのお客さんが家族や友人にパンフレットを見せるかもしれない。


印刷物だから、
お店の情報は均質に保たれたまま。

伝えたい内容がそのままの形で渡される。


手ぶらで帰したお客さんだったら、
それだけの情報量を第三者に伝えることは、まず不可能だ。





「お店の思い」とは、
どうしても主観的にならざるを得ない。


すでに話したとおり、
お客さんにとって「お店の思い」なんて、
どうでも良い事だ。


直接、思いを語ってしまうと
どうしても押し付けがましくなってしまう。


間接的に、
しかもしっかりと「お店の思い」を伝えたい・・・

そんな場合は、
ツールの力を借りるのが賢明だ。





「お店の思い」を口頭で直接に伝える。
あるいは、ツールを介して間接的に伝える。


同じことを伝えるにも、
伝える形で伝わり方が大きく変わってくる。


すべてを人力に任せるのは非現実的。


ツールの働かせ所を見極めて
効果的に使いまわす方法を考えてみたらどうだろう。










今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

第三者の声を活用する 〜ブランディング考 その22

こんにちは。
アドマスです。




ブログランキングに参加中!

良かったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

あたたかい一票に感謝です^^









お店のマインドをどう語るか?




今日は
第三者の声を活かした方法を紹介したい。





言えば言うほど、
信じてもらえない・・・


あなたは
そんな状況に追い込まれた事はないだろうか?



例えば、
浮気疑惑が浮上した時の
奥様への申し開きとか・・・


コトバを重ねれば重ねるほど、
疑惑は深まるばかり。


もがけばもがくほど
ドツボにはまってしまう状態だ。



こうなると夫婦共通である、
信頼の置ける人に仲裁をお願いするのが
賢明な選択かもしれない。


もしあなたが無実であれば、
当人が話すよりも第三者が当人に代わり話すほうが
スムーズに解決する場合が多いからだ。





さて、このことは何も、
浮気疑惑話に限ったことではない。



あなたがお店のマインドを語る際にも
まったく同様のことが言えるからだ。


あなたがどんなに自分の店の素晴らしさを
声高に叫んだとしても、

そこは当人の言。
形の上では自画自賛しているに過ぎない。




1人称の主観的な情報は、
押し付けがましくなりがちだ。

お客さんの耳には
どうしても「売り込み」に聞こえてしまう。




そこで
第三者の声を活用することを検討してみる。




もちろん、第三者とは、あなた以外の存在であり、
しかもお店とは直接的な利害関係がない存在を指す。

この人たちに、
お店の宣伝をしてもらえばいいわけだ。




しかし、
何の見返りもなく、
そんなに都合よくいくのか?


そんな疑問も湧くかもしれない。


もちろん、
それは可能だ。



特に、
広告予算をふんだんに使えない、
小さな会社やお店はこの方法をつねに意識したい。



では、
具体的に第三者とは、
どんな人を指すのか?



それは、
メディア(媒体運営者)だ。


比較的規模が大きいメディアを
マスコミと呼んだりする。




あなたの代わりに、
彼らにお店の宣伝をしてもらえば良い。



それを可能にするには、
どんなコトをすれば良いのだろう。


ほんのちょっとした事だ・・・






そう、
「取材」をしてもらうと良い。


取材に来たメディアが、
あなたにどんな質問をするか・・・

何となく想像がつくはずだ。



「あなたが理容師になったきっかけは?」

「あなたがモットーにしていることは?」

「あなたが仕事上で心掛けていることは?」

「このお店の自慢のメニューは何ですか?」

「そのサービスはどんなところがスゴイですか?」

「このお店が支持されているのはどんなところですか?」

「どんなお客様が利用されていますか」



あなたは、
これら質問に応えながら、
お店のマインドを語ることができるわけだ。


もちろん、
メディアの情報は取材に基づいた中立情報。


客観性も信頼性も高いので、
より世間に目耳を傾けてもらえるというわけだ。

何よりも、
ひと時でたくさんの人に
情報が伝わるのが最大のメリットと言える。





かと言って、
いきなりマスコミの取材を望んでも
なかなか厳しいものがあるかもしれない。


とりあえずは、
地元の情報誌やフリーペーパー、地元紙、
ケーブルテレビ、コミュニティ局など、

地元密着型のメディアから始めてみたらどうだろう。


思った以上に、
ハードルは低いはずだ。




あなたの代わりになって、
メディアにお店のマインドを語ってもらう事の
メリットは理解できたとして、

もしかしたら
今ひとつピンと来ていない人が
いるかもしれない。




おそらく・・・




「どうしたら、メディアに取材をしてもらえるのか?」という
疑問があるからだろう。



「ウチの店なんか、取材されるわけないよ・・・」なんて、
思っていないだろうか?



安心してほしい。



メディアが
あなたの店に取材を申し込みたくなる方法は、
ちゃんと存在する。





そのへんの事については、
次回にあらためて^^










今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

メディアとのお付き合い 〜ブランディング考 その23




こんにちは。
アドマスです。





ブログランキングに参加中!

良しかったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

あたたかい一票に、感謝、感謝^^









前回は、
お店のマインドを語るために
第三者の声を活かした方法の中から
ひとつのやり方を紹介した。




スピーカー役を
メディアになり代わってもらう方法だ。


コツさえつかめば、
ほとんどコストをかけずにお店のPRができる。



このやり方は、
フリースタイル(無償型)のパブリシティと言われる。



平たく言えば、
メディアにあなたもしくは、あなたのお店を
「取材」してくれるように働きかけることだ。



なので、
この方法の最も重要な肝の部分は、

どうすれば「取材」されるようになるのか?

この一点に集約される。







あなたが誰かに何かをお願いしたい時は、
相手がほしいものを把握して先に与える。

そうすれば、
あなたがしてほしいことを
相手は喜んでしてくれるはずだ。



この場合、
相手とはメディアのことを指す。

しかも、
地域に密着した地元メディアを
想定してほしい。




そこで
ちょっと考えていただきたい。

彼らは、
いつも何を欲しているだろう?






・・・「ネタ」だ。





ニュースになるネタ。

記事になるネタ。




彼らは視聴者や読者に提供する情報を
常に探し回っている。



私にも経験があるが、
記事ネタを集めるって、
結構大変な作業なのだ。



特に地元メディアとなると
情報ソースが少ないのでネタは常に品薄状態。

取材に割ける人数も限られているので、
すべてのネタを自分の足で稼ぐことは不可能だ。

実のところ、
地元メディアのネタ元は足以外の情報源として、
口コミや持込の情報に頼っているのが実状だ。




さぁ、
こんな彼らの状況を踏まえて、
あなたは彼らに何を与えれば良いのだろう?




もちろん、
・・・「ネタ」だ。




あなたは、
彼らが喜んで取材したくなるような「ネタ」を
提供するだけでよい。




「ウチの店はごく普通の店だから、
そんなネタになりそうなものなんてないよ・・・」

なんて事は言わないでほしい。




ネタがなければ、
つくれば良いだけのことだ。




ちょっとここで、
地元メディアのことをリサーチしてみよう。



地元の新聞、フリーペーパー(タウン情報誌)、
ケーブルテレビ、コミュニティFM局・・・


いずれもカンタンに手に入れたり、
視聴することができる。



それぞれのメディアで注目したいのが、
「まちの話題」的なものをテーマにした部分・・・


新聞であれば、
「ちくご版」とか「県南版」と呼ばれる部分だ。


そこでどんな類いのネタが
記事やニュースになっているかを調べてみる。




何かのイベントが開催された話。

誰かが表彰された話。

誰かが個展を開いた話。

誰かが人命を救った話。

ある会社が新商品を発売した話。

話題のお店を紹介した話・・・



ネタの幅は、
ほんとに種種雑多で広範囲におよぶ。


しかし、よーく見ると、
ネタの傾向が見えてくると思う。



傾向が見えたら、
それに合わせてネタがつくれないか考えてみる。



上の例で言えば、

地域に貢献するイベントを企画・実施する。

何かのコンテストに参加して優勝する。

新作発表会を開く。

お店オリジナルの商品やサービスをつくる。

有名人に利用してもらい話題をつくる。



人命云々のネタは無理として、
その気になればどんなネタでもつくれそうだ。



そして、
つくったネタは決して
そのままにしてはいけない。



ネタの存在をメディアが認知しないと、
「取材」される状況は生まれないから。




情報をメディアに「投げる」必要がある。



それなりの規模の会社は、
新しい商品やサービスをリリースする時は、
必ず「プレスリリース」と称してメディアに情報を流す。


マスコミ関係者を集めて、
新商品発表会や記者会見が開かれている映像は
テレビのニュースではお馴染のものだ。



そのやり方をあなたがやればいい。



大企業じゃないと、
プレスリリースしてはいけないという法律はない。





ネタをつくる。


メディアにプレスリリースする。


あとは待つ。


これだけ。





もちろん、
すべてのプレスリリースに、
メディアが反応してくれるコトはありえない。


不確実な要素が多いが、
慣れてくると確率がぐんと上がってくる。


当初は、
取材の申し入れがあったらめっけもの・・・


これくらいの気持ちで、
やるくらいがちょうど良い。



何せ、
タダでやること。


気軽に始めたい。










今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

いっぱい集めよう! 〜ブランディング考 その24


こんにちは。
アドマスです。





ブログランキング、
懲りずに参加中!

良かったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いネ^^

blogram投票ボタン

いつもの応援、本当にありがとう。









前回は、
第三者の声を活かす方法の中から
メディアを活用する方法を紹介した。


多少、
実現性に疑問を持った方が
多かったかもしれない。


でも、
まずは結果を気にせずやってみることだ。

意外と
カンタンなことにすぐに気付くはず。





さて、
今日は第三者の声を活かす方法の中でも、
誰にでもすぐに始めることができて、
もっとも強力かつ確実な方法を紹介したい。


これをやらないプロモーションは、
ありえないぐらいオーソドックスな手法だ。





『お客様の声』







すでに購入した人や利用した人の感想は、
これから購入や利用を検討している人にとっては
何よりの情報だ。




お店が発信する情報の文脈はひとつしか存在しない。


情報がどんな形を取っていても、
ひと言で言えば「ウチの店はここが素晴らしい。だから利用してください。」
という情報でしかありえないから。



1人称情報だ。




今どきのお客さん、
そんな情報でほいほいと行動を起こすほど甘くはない。



ほいほい行動していただくには
1人称情報を補完してくれる客観的な情報が必要だ。




それが『お客様の声』。





あなたがすべきことは、
『お客様の声』が毎日集まり続ける仕組みをつくり上げ、
それを見込み客に発信し続けることだ。




集める方法は・・・

ヒアリング(直接の聞き取り)、

アンケート(店頭据え置きで記入)、

ホームページのアンケートフォーム設置、

ブログでコメント募集・・・


その気になれば、
いくらでも手段を選ぶことができる。



問題は、
コツコツ集め続けられるか?



しかし、
1日に1件の収集目標でも、
年間250件は集まる計算になる。



250件の声は圧巻だ。



その声は、

プロモーションで、

メディアの取材で、

ブログで、

パンフレットで、



必要な時に、
あなたの店の利用を検討している人に
提示することで絶大な効果を得ることができる。





『お客様の声』の収集は、
高利回りの定期預金だと思えばいい。


必ずあなたのお店に高配当をもたらす。



結果はあきらか。



後はやるか、やらないか?






具体的な方法がわからないなら、
相談してほしい。











今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。