成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年08月08日

晴れた朝の雑感雑記

こんにちは。
アドマスです。





今朝はひさびさに
雲ひとつない快晴です。








美容師人口が増え、
理容師人口が減っている。


最近、
そんな記事を目にしました。





ご存知の通り、
私はマーケティングのお手伝いを
生業にしています。


プロとしての視点で業界を俯瞰する際、
その業界の広告の出稿状況を見ることが
ひとつのモノサシになります。





理美容界はどうか?





フリーペーパーなど、
地域情報誌を見れば一目瞭然。


美容関係の広告出稿数は驚く程に多く、
反面に理容関係の広告は・・・?






一事が万事。

このことからもどちらの業界が、
コミュニケーションに対する感度が
高いのかが伺えます。



同じ師業なのに、
この差は何だろう・・・?





イヤ、
今や理容・美容、業界の敷居そのものが
すでに無くなりかけているのかもしれません。


業界のボーダーラインが、
ベルリンの壁みたく崩れ去る・・・



その時、
もとからの業容を保ち、生き残っているのは、
どっちなんだろう・・・?





そんな事を考える
今日この頃です。






たとえ業界が眠っていても、
あなたもその長い眠りに付き合って
良いという事ではないですよね?




あなたが、
業界のために何をしよう?と、
考えたり頑張ったりする必要性は
必ずしもないと思います。




いま、
こんな状況だからこそ、

自分がなりたいモノ。自分がしたいコト。

この事に意識を向けることが、
大切なことのように思えて仕方ありません。







土曜の朝の雑感でした。








今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 08:46| Comment(2) | 雑感雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

晴れた朝の雑感雑記 その2


こんにちは。
アドマスです。






今日も
よく晴れています。




しかも、
空気がどこか涼しげで
ヘタレ走者には絶好のコンディション。


というわけで今朝は、
近所の公園へ走りに行ってきました。




一周が400メートル弱の遊歩道を30週。
息が切れない程度の速さでゆっくり流します。



走りはじめから20分程経過すると、
体内が燃焼モードに入ります。

備蓄している脂肪が使われ始めるわけです。


急に、
汗が噴き始めるからすぐにわかります。



同時に、
意識も少しだけいつもと違う場所に
飛んだような感覚になります。


同じところを延々と走っていると
特にこうなる確率が高くなります。




すると、
いつもは考えもしないような事が
頭の中で浮かんだり消えたりするようになります。






『俺って、何者なんだろう?』





今日の場合、
この言葉がどうしても頭から離れません。

仕方がないので、
その問いについて考える羽目になりました。


続きを読む
posted by アドマス at 14:07| Comment(0) | 雑感雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

もうすぐ、100●●。

こんにちは。
アドマスです。


ここのところ、
すっかり更新ペースが落ち込んでます^^;;;;




突然ですが、
今日は私の祖母の話を。



先月、
彼女は御年99歳を迎えました。

当然の事ながら、
来年は百歳になります。

年なので、
ヒアリングは多少難ありとも、
脳みそは至ってクリアな状態です。

トークの軽快さには、
ビックリするほど・・・

ものの見方や考え方など、
自分の子供世代よりもむしろ
柔軟なくらい・・・


驚く程の若さを維持しています。


脅威の明治生まれです。
会う度に何かを学ばせてもらいます。




さて、
話しは変りまして
このブログ・・・


さっき、
何気に管理画面を見ていたら・・・

『記事の投稿数が95・・・ん?
もう少しで100記事ではないか!』

そうなんです。
もうすぐ100歳・・・もとい100記事なんです。


ちょっと嬉しくて、
この記事を上げている次第です。





「梶場」のフォローにと開設したこのブログ。


当初は、
「30記事はやりましょうかね」といった
軽いノリではじめたブログでした。

それがもうすぐ、
100記事を超えようとしています。


これも、
梶場のみなさんのおかげです。


本当にありがとうございます。


皆さんのフォローにかこつけて、
実は私の頭の中の知識が
スッキリ整理ができたのでした。

頭の中のものを
アウトプットすることの大事さを実感しています。


それはさておき、
最近は絶え絶えになっていた記事の投稿、
100記事を目指して頑張りたいと考えています。


明日は、
10回目となる梶場セッションですね。

最後となる
新しいテーマに突入するセッションになります。

このブログも
新しいテーマをフォローしつつ、
目標を果たせるようにしてあげたいと思います。


祖母みたく、
柔軟に。クリアに。




それでは、
また明日。




アドマス






posted by アドマス at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

魂(ハート)に火をつけろ

「梶場の売るチカラ」メンバーでもある、
理容師グループ『おしゃれ軍団』のオリジナルノベルティ。



遂に、
できた!


091204_1507~01.jpg



何かと思えば・・・









091204_1505~01.jpg


マッチだ!







表面に『燻(くすぶ)るな』

中面に『魂(ハート)に火をつけろ。』というコピーが・・・





燻り続ける世の中に向けた、
彼らからの熱いメッセージだ。









posted by アドマス at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

にわか雨が降った朝の雑感雑記



こんにちは。
アドマスです。




ブログランキングに参加中!


良かったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

毎度、
あたたかい応援、
ありがとうございます。






いつもながら、
突然の質問を。


あなたは「商売人」と聞いて、
どんなイメージを抱くだろうか?








あこぎ?
したたか?
がめつい?
こうかつ?
わいろ?
なりきん?・・・


どちらかと言えば
後ろ向きのイメージを連想する人が
多いのではないだろうか?


人類の歴史を振り返っても、
ほぼ全世界的に「商売人は卑しい者」という
イメージが恣意的につくり上げられてきた節が伺える。



まぁ、
民主主義といっても、
しょせん200年かそこらの歴史。


歴史の大部分は、
「お役人とその他大勢」の図式で作られてきたのだから
しょうがないという所だろうか。




それはさておき、
一般的にある「商売人」のイメージ通り、
はたして「商売人」の実態はそうなのだろうか?



もちろん、
NOに決まっている。



ましてや、
私たちが住んでいる日本国は、
一応、資本主義の体裁を取っている。



役人でもない限り、
何かを売らないことには生きていけない。


「お役人とその他商売人の国」と言っても
間違いないだろう。





にも関わらず、
「商売人」という言葉に後ろ向きなイメージが
付きまとうのはどういう事だろうか?



おそらく・・・



「商売人」という言葉は、
「お金」との結びつきを強く感じる言葉だからだろう。



「彼は、商売人だからなぁ・・・」


このセリフは決して褒め言葉ではない。
むしろ皮肉的に使われることが多い。


「彼は、お金に汚いからなぁ・・・」
と、こんなニュアンスだったりする。


特に、
「お金」自体を取扱う商売を営む者に対してはそうだ。





世の中には、
意識的に「お金」を遠ざけようとする人がたくさんいる。


お金=罪悪の源
そんな図式が頭の中に出来上がっているみたいだ。


驚いたことに、
自分でお店を構えて商売を営んでいる人にも
この手の人が多かったりする。



お金とは、
その国家が価値を保証した
紙切れや金属片に過ぎないのに・・・






当たり前の事を、
真正面から敢えて言わせていただくと、

商売をする目的のひとつは、
「お金」を稼ぐことであり、儲けること。


あなたが、
お役人でもない限り、

あなたは、
何かを売って生活している商売人なのだ。


その商売人が、
拠り所であり指針となる「お金」を
否定したら身も蓋も無い。




自分はサラリーマンだから関係ないね。

そう思った人もいるかもしれない。

でも、
残念ながらそれは間違い。


サラリーマンであるあなたは、
あなたの大切な時間と労働力を
会社に売りながら毎月を過ごしている。


広い意味で商売人だ。







「儲ける」の「儲」という文字を
よく見て欲しい。



「信者」だ。



「商売で儲ける」とは、
けっしてお金を得るだけのことを指していない。


商売とは、
「信者」を増やしていく活動そのものを指す。



経済的な成功はその結果に過ぎない。




「宗教は究極の商売」という言葉がある。


まったく同感だ。




店主であれば、
いち宗教における教祖様だ。



教祖様は、
自分がもつマインド(教義)、
人を惹きつける風貌と立ち振る舞いで、

共感と支持を得ながら、
せっせと信者増やしに勤しむ存在だ。





私の商売は、

お客さんが稼いだり儲けたりする方法を
一緒になって考える、

そんな商売だ。



そんな商売をしているのにも関わらず、
「お金」が嫌いな商売人から儲け方の相談を
間違って受けたりする。

潜在的に儲けたくない人と
儲ける方法や手段を一緒に考えている場面・・・

何とも不思議な光景だ。



そこで提案。



もしあなたが、
どうしても「お金」アレルギーが治らない商売人であれば、
商売=布教活動と思い定めたらどうだろう?


自分が固く信じる「マインド、モノ、サービス」に対して、
共感と支持を集めるための活動だ。




信者を増やそう。








今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。