成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年07月08日

メルマガで集客 その6 〜 1058便り創刊!!

こんにちは。
アドマスです。



突然ですが、
携帯用メルマガを
創刊しました。



さっき確認したところ、
6月29日に発行申請の承認が降りて以来、
何もしてないのに主催者のサイト経由で
14名の読者登録がされていました。



ちなみに、
このメルマガのタイトルは、


「1058(とこや)便り」


メルマガの紹介文は


「老若男女ボーダーレスなショップを目指す床屋の主人が、
かっこ良 く&元気になれる情報をお届けします!」



困ったことに、
架空の床屋さんが発行するメルマガにも関わらず、
一般の人が読者登録してしまいました。




どうしよう・・・^^;



まぁ、
良いでしょう。



最悪、
このメルマガを梶場メンバーのどなたかに
引き継いでいただければ良いわけですから・・・・^^




・・・ダメ?



メルマガのアドレスを集める際は、
登録方法がネックになることが多いですけど、


こんな登録フォームを
ブログに貼り付ければ大丈夫ですね^^













メルマガ登録・解除

1058便り














powered by 携帯メルマガ メルモ




ためしに、
このフォームから
あなたのケイタイのアドレスを
入力してみてください。



お客さんがどんな手順で
メルマガ読者に登録されるのか、
体感できます。




このように
あなたのメルマガへ登録していただくやり方は、
いくつか考えられますので、
詳しくはセッションでお話ししますね。




さて、
これから1058便りの
テスト配信でもしますか・・・






今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純



posted by アドマス at 13:38| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

メルマガで集客 その7 〜 2番目に大事な資産とは?



こんにちは。
アドマスです。




暑いですね^^;;;;




いよいよ、
夏本番です。




気がつけば、
梶場セッションを開催してから
10日が経過していました。


そして、
次回のセッションまで
ちょうどひと月。





ボチボチと
ブログ更新も再開です。



たまには、
覗いてみてくださいね^^





中断していた、
メルマガのお話しも再開です。









ところで、
唐突ながらひとつの質問を・・・




理容店を営む、
もしくは従事する
あなたにとって、

最も大事な資産とは
何かご存知ですか?




ちなみに、
ここで言う資産とは
それを保有することでキャッシュを
生み続けてくれるものを指します。



家賃収入を生む不動産、

配当金がでる株式、

印税収入を生む著作権、

もちろん
金利を生む預金など・・・


これらが
資産にあたるものです。





自分は、
資産と呼ばれるものは
一切持ってないよ・・・

なんて、
そんな事は言っちゃだめですよ。



どんな人でも
必ず持っている資産が、
ちゃーんとあるのですから・・・



この業界に携わる方にとっては
特にいえる事です。




それは・・・









そうです。

あなた自身です。






あなたが、
頭や身体を使って、
サービスを続ける限り、
あなたはキャッシュを生み続けます。


あなたにとって、
一番大事でかけがえのない
大切な資産です。




では・・・



2番目に大切な資産は?
と聞かれて何を想像しますか?



それが、
今日お話しする肝の部分です。





さて、
なんでしょう?







ハイ。

答えは
顧客リストです。





店舗が火事で焼けても、
火災保険でまかなえます。



キャッシュを
パチンコですっても
稼げば大丈夫。



不動産も
その気になれば売り買いは
可能です。




でも、
あなたのお店と絆ができている
お客様リストは全く「代え」が
ききません。



江戸時代の商人は、
火事になった時、
即座に持って逃げるのは、


商品や品物でもなく、
小判でもなく、
家財道具でもなく

お得意様台帳だったと、
言われています。



昔の商人の中では、
それほど顧客リストが大事なもので、
かけがえのないものであるという
認識があったのでしょう。





さて、
ここで皆さんに質問を
再びさせていただきます。




あなたのお店は、
顧客台帳(リスト)をちゃんと、
整備していますか?






バカにしてもらったら困る!
リストはちゃんと持ってるよ!




なんて、
お叱りの声が聞こえてきそうです^^


失礼しました。





では、
質問をもうひとつ。





あなたのお店は、
集客に顧客リストを
使いこなせていますか?




さぁ、
どうでしょう・・・^^;






最近は、
顧客リストを
持っていないというお店は
さすがに少なくなりました。


レジスター連動型のシステムで
顧客情報が自動的にリスト化される
からでしょう。




でも、
その顧客リストを積極的に
集客に活かしているお店の割合は?
と言えば、

残念ながら、
まだまだ少ないと言わざるを得ません。




世の中の資産と呼ばれるものが、
運用することでキャッシュを
生むものを指すのであれば、

あなたが所有している顧客リストも
立派な資産と言えます。




運用次第で、
どうにでもなります。





開業したばかりのお店や会社が、
営業面でひーひー言わされるのも
この顧客リストがないからなのです。




えっ、
500件の顧客リストを持っている!?



うらやましい・・・



そのリストに、

新商品や新サービスの案内をしたら
どうなるか?

イベントの案内をしたらどうなるか?

お得意様限定キャンペーンを案内したら
どうなるか?



その案内を、
メルマガでやったらどうなるか?






その結果がどうなるか、
中学生でも想像できるでしょう。





景気が悪いと思考を止める前に
足元に宝が埋まっている事を理解する
ことが必要かもしれませんね。




きっと、
小判がざっくざっく!です。






今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:59| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

メルマガで集客 その8 〜 コツコツやるしか・・・


こんにちは。
アドマスです。




今日も雨です。



いまだに梅雨は明けていないし、
今年の夏は雨がよく降ります。


まぁ、
水不足で断水なんて事態よりは
ずっと良いのでしょうが・・・^^;





さて前回は、
お客様リストの大切さについて
お話ししました。



リストは会計的に見れば、
非常に価値がある資産であることが
わかっていただけたと思います。


しかも、
いくらリストを増やしても
課税されません。


政府がリストの価値に気付けば
課税に乗り出すかもしれませんね^^



あっ、
そうそう。

この記事は『メルマガで集客』が
テーマになっているので、
お客様リストといえばメルアドを
含んだリストを指します。


そこのところ、
ご了承くださいね。






そこで今日は、
貯金についてのお話をしましょう。



貯金といっても、
小金を溜め込みましょうという
話ではありません。






ご存知の通り、
所有している資産が金利や配当金など、
まとまったキャッシュを生むには、
ある程度の元手が必要ですね。



例えば、
1万円の預金で受け取る金利が
わずかな額であるのに対し、
1億円の預金で受け取るそれは
大きくなります。




このことはそのまま、
お客様リストの運用にも
当てはまる原則です。


100件のリストよりも、
10000件のリストを運用した方が
リターンが大きくなると言う事です。




ここまでは
カンタンに理解できますね?




リストを増やせば増やすほど、
お店が儲かる体質になることを
意味します。



ただ問題は、
元手となるお客様リストを
どう確保するかという問題です。




お客様リストは
あなたのお店を利用した人がいて
はじめて発生する代物ですから、

お金のように
銀行で借り入れするわけにも行かず、

胃薬のように
薬局で買うわけにもいかず、

宝くじのように
くじで当てるわけにもいかず、

自分で調達するほかに、
手立てがないのです。




おとといの来店から4件。

昨日の来店から3件。

今日の来店から5件。



こんな感じで、
リストを貯金していきます。



まさしく、
豚さんの貯金箱にコインを
チャリ〜ン、チャリ〜ンって、
コツコツ貯めていく行為そのものです。



なかなか忍耐のいる作業ですけど、
コツコツと毎日リスト集めをすると・・・


ひと月で100件、200件。

半年で500件、1000件。



1年も経ずに、
これだけのリストが集まります。


侮れませんね^^



仮に
1000件のリストを運用したら
結果がどうなるか想像してください。



メルマガを1回配信するだけで、
1000名のお客様のうち1%の方が
反応してくれたら・・・



10名のお客様が動いていただく
計算です。


それかける事の
あなたのお店の平均的な客単価は?



これがメルマガ1本で上げる
売上げ効果です。





お店を
お客様リストで稼ぐ体質に。



そこに至るために
やるべきことは決して難しくなく、
むしろ単純作業の部類に入るでしょう。


やれば、
上手くいくこともある程度、
想像できます。



でも、
ほとんどの人が入り口のところで、
つまづいてしまいます。




繰り返しますが、
やること自体は単純作業です。


難しくてできないということは
決してないのです。




お客さんからメルアドを聞いて、
それを控えて登録していく・・・


これだけの作業です。




・・・いや、
むしろ単純すぎる作業だから、
続かないのでしょう。




頭や理屈でわかっているけど・・・
・・・面倒くさい・・・



途中でやめた人に
いちばん多く聞かされる弁です。





面倒くさいからやらない・・・?



セッションの時にもお話ししましたが、
もう一度お話ししますと・・・




通販会社の場合、
ひとりのお客様リストを手にするために
広告などに数千から数万円のコストを
かけています。


では、
あなたのお店の場合はどうでしょう?


広告費はゼロ。

しかも
お客さんがガソリン代を使ってまで
あちらから足を運んでくれる・・・


その上、
ちょっと手間をかければ、
タダでお客様のメルアドが手に入る・・・


そんな
随分と恵まれた商い条件です。



ズバリ言いますと、
来店されたお客さんからメルアドを
聞かないということは、

数千から数万円のキャッシュを
ドブに捨てている行為と同じです。




ほんのしばらくの間の
コツコツ作業ができるかどうか?



ここが分かれ道になっている
みたいですね?















今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:29| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

メルマガで集客 その9 〜 ニュータイプ?

こんにちは。
アドマスです。




いや〜、
昨夜の雨は凄かったですね。



昨日は午後4時ぐらいに
福岡市内を出て、
久留米に着いた途端、
あの大雨が・・・

時間差で30分足らず。

もう少しのところで、
巻き込まれるところでした。


今夜は、
大名あたりで軽く一杯・・・なんて、
企んでいたんですけど、

なぜか昨日に限って、
「今日はまっすぐ帰ろう・・・」
そんな気分になったのです。





予感や直感。


私たちは意識しなくとも、
毎日の生活の中で
そんな感覚をおぼえる場面が
結構あったりします。


振り返れば、

根拠はないけど、
そんな感覚に従った行動が正しかった!

なんて事、
意外と多かったりしませんか?



一見すると感覚の類いの話は、
マーケティングと最も遠いところに
位置する代物みたいですね。

でも、
私はそんな感覚、
スゴク大事な要素だと思っていたりします。






さて、
昨日のお話を聞いて、

リストの貯金もまんざらでもないなぁ・・・

そう感じた方がいたかもしれませんね。



ピンときた?
ピンとこなかった?



試しに
そう自問してみてください。




ピンときた!
そう直感が働いた方。



その方は、
あまりいろいろ考えずに、
貯金を今日、今この瞬間から始める事を
強くおすすめします。




どうしたら上手くいく?
なんて理由は後からついてきますから、
今の時点で考える必要はありません。




ご自分の感覚を
大事にしてください。







『想いがあるから、体が動く。』









今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 10:57| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

メルマガで集客 その10 〜 お客様で、かつ●●●●したい人

こんにちは。
アドマスです。





リスト貯金、
やってますかぁ〜?


コツコツ、
やる場面も人生には必要です。


習慣化するまでの我慢です。
頑張ってくださいね^^




さて、
今日からは
一定数のリストが集まった前提で、
強力なメルマガづくりについて
お話しをします。






皆さんは、
属性・・・って言葉を
聞いたことありますか?



属性という言葉の定義は
広範におよびますので、
割愛させていただくとして、

ここでは
マーケティング上で使われる
言葉を前提にお話しします。


お客様リストを読み込む際に
すごく使える考え方ですので、
しっかり理解するようにしてください。




属性には
いくつかの種類があります。


例えば基本属性。

年齢、性別、職業、職種など、

その人の属する特性を示す
要素を指す言葉として使われます。




そして、
メルマガを発行する上で、
最も重要な属性といえば、
志向属性がこれにあたります。



志向属性なんて言うと、
何だか小難しく感じますけど、

その人はどんな好みや望みを
持っているか?

平たく言えば、
そんなところです。




例えば・・・

●40歳代
●男性
●自営業

これが私の基本属性。


●人生を楽しみたい
●もっと良いタイムで走りたい
●焼き鳥を毎日でも食べたい
●儲かりたい・・・

まだまだ、
ありますけど、

これらが私の志向属性。



前者が
客観的に把握できる要素に対し、

後者は
その人の主観的な要素と言えます。





自分のお店のお客様を把握する上で、
お客さんの属性を知ることは、
とても便利なモノサシになります。


でも、
使い方を間違えるとこんな理屈が
出来上がってしまいます。



「自営している40歳代男性は、
焼き鳥が好き」



これって・・・



焼き鳥が好きなのは、
たまたま私の志向であって
他の人には当てはまらないかも
しれませんね^^

焼き鳥ではなく、
ラーメンかもしれない・・・^^;

そんな理屈が成立しないことは
誰が見てもあきらかですね。



これは、
基本属性と志向属性を
ごっちゃで考えてしまった結果、
起きてしまう変な認識です。



何を言いたいのかと言いますと、
同じ属性でも捉え方を間違えると
妙な方向に進んでしまうと言う事。




あなたがこれから、
自分のお客様の属性を見ながら、
どんなメルマガを発行しようかと
考えるとしますね。


すると、
どんなコトを考えるか?



ウチの店は、
40歳代の男性が多いから、
焼き鳥好き向けの情報を提供する
メルマガを発行しよう!


と、
嘘みたいですけど
こんな感じで発行するメルマガを
決めてしまうのです。



実はこれ、
あんまりよろしくない・・・


ラーメンやハンバーグが好きな
40歳代の男性はどうするの?
という事になってしまいます。



原因は基本属性を起点に
考えるところにあります。



では、
どう考えれば良いのか?





ウチの店は、
焼き鳥好きが多いから、
焼き鳥好き向けの情報を提供する
メルマガを発行しよう!


シンプルな考え方ですけど、
こちらの方が上手くいく可能性が
高いですね^^



そうです。
お気づきのようにメルマガを発行する時は、
志向属性を起点に考えると上手くいきます。


それには発行する相手の人達が、
どんな志向属性を持った人達かを
知る必要があります。




若く見られたい。

ゴルフが上手くなりたい。

ビジネスに成功したい。

女性(男性)にモテたい。

ブレイクダンスが上手くなりたい。




さてさて、
あなたのお店のお客さんは
どんな志向属性を持っているのでしょう?


ウチのお店のお客様は、
●●●●したいと思っているか?

注意深く見極める事です。







『お客さんをよーく見てみよう』








今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 12:52| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。