成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年07月01日

メルマガで集客してみよう その1 〜 その気さえあれば・・・




こんにちは。
アドマスです。






今日から7月。
今年後半戦のスタートです。



前回の前触れ通り、
今日から新しいテーマに挑んでいただきます。



よかですか?




今日からご紹介するこのやり方で、
集客の飛躍的に伸ばす方法について
皆さんと一緒に取り組んでいきます。




いま飛躍的という言い方をしましたけど、
決して大げさではありませんよ。



ツボをおさえて
運用すれば誰でも簡単に
集客を伸ばすことができます。




その夢のような集客方法とは・・・





そう、
メールマガジン。


略して、
メルマガです。



このメルマガを自前で発行します。




いま、
ちょっとだけ怯みませんでした?



いやいや、
そんな心配は要りません。




これだけ、
パソコン、ケイタイ電話が普及し、

これだけ、
みんながメールを使っていれば、


メルマガという言葉、
あなたも一度ぐらいは聞いたことあるでしょう。



もしかしたら、
あなたもどこかのお店のメルマガ会員に
なってるかもしれませんね。




平たく言えば、

一斉にたくさんの人に送るメール・・・

そんなものだと思っても
支障はないでしょう。




ちなみにみなさん、
メールは常日頃からプライベートで
ちょくちょく利用していますよね?




メルマガは、
その延長にあって商用として活用する
というだけの話です。




至って単純な話なので、
これ以上理屈っぽい話はやめにして・・・



何を伝えたかったと言いますと、


メルマガを発行すること自体は
とても簡単で難しいことではない。


ということなのです。



ホント、
コツが掴めたら誰でもできます。




しかしですよ。

手軽で簡単とは言え、
メルマガの集客メディアとしてのパフォーマンス、
これがなかなか侮れない。





●発行するのが簡単。

これに加えて・・・



●極めて低コストで実行できる。


いくつか条件はありますけど、
完全に無料で運営することもできます。



●すぐに効果を実感できる。

すぐに効果がわかるメディアって、
そうそうないですよ。


それでもって、



●特定の人に伝えたいことが到達しやすい


これも実は
スゴイ事なんです。

チラシなんか何万部も折り込むけど、
本当に見て欲しい人の手元に届いて、
ちゃんと読まれているかどうか調べようにも
どうにもわかりませんよね?

メルマガだったら、
そんな条件楽々クリアできてしまいます。



まさしく、
安っ!早っ!美味っ!!??なメディアなのです。





・・・とまぁ、
ここまで書いてしまうと、
何だかメルマガ業者かあるいはその回し者か・・・

そんな感じがしてきますけど、
どこ業者さんからも一銭たりとも
いただいていませんので・・・あしからず。




あくまで
コストパフォーマンスを考えた上で、

かつ
一般消費者相手の商売をしている業種やお店なら
やらない手はないと純粋に思うだけの事です。



上手い話には何とやら・・・




確かに、
100%良い事だらけの話なんて、
この世の中には存在しません。



もちろん、
成果を得るためには
それなりの代償も必要になってきます。



へへっ・・・




いくつか代償を払う必要がありますが、
いちばん大きな代償は・・・



メルマガというメディアを使って、
今以上の集客を実現させようという、
あなたの「決意とやる気」です。



それがあれば、
他の上手くいく条件など、
難なくクリアできるでしょう。





この代償、
なかなか重いでしょ?




梶場メンバー全員が耳をそろえて
この代償を支払っていただくコトを祈りつつ、
今日はここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純






追伸:


次回の梶場セッションでも、
メルマガの活用方法について、
いろいろと可能性を探っていく予定です。





次回のセッションまであと1週間。




この数日で、
メルマガに関する基礎知識をお伝えしていきます。



このブログで基礎知識を仕入れると同時に、
自分の店ならこんな事できるかな?・・・なんて妄想、
もとい、予習をしっかりとやっといてくださいね^^
























posted by アドマス at 21:25| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

メルマガで集客してみよう その2 〜 まずはこれから・・・




こんにちは。
アドマスです。






おとといと昨日の雨が嘘のように、
今日は晴れています。

夜になっても、
湿気があまりなく比較的過ごしやすい日です。





さてさて、
前回の記事では若干前のめり気味で、
メルマガの発行を煽り立てた感がありました。



言いたい事は、
何となく伝わったと思います。



まぁ、
よくわからんけど、
やってみるか!


と、
メルマガ発行を考えている方、
お手数ですが今日の記事にコメントを
残していただけますか?


署名だけでも結構です。



次回の
梶場セッションの展開を
皆さんのコメントをベースに考えますので、
よろしくお願いします。



あっ、
発行を全くする気がない人も
コメントを残していただければ助かります。

できれば、
発行したくない理由を書き込んでいただければ
本当にうれしいです。

こちらもよろしく^^






では、
今の時点でメルマガを発行しようと考えている方に、
やっておいていただきたいことがあります。


メルマガ創刊に向けて、
最初にやっていただくミッションです。




今度の週末でも良いです。



ファーストフードやファミレス。


服屋さんとか、美容院。


店頭や情報誌やインターネットで募集している、
気になるお店のメルマガ会員になってください。



できれば
3つほど。



できれば、
ケイタイ用のメルマガで。




あなたには、
そのお店がメルマガ読者にどんなコミュニケーションを
してくるのかをモニターしていただきたいのです。



いち読者になった経験は、
必ず活きてきますので必ずこの作業は実行してください。




送ってくる内容もさることながら、


申し込む時にどんな手順を踏んだか?


どれくらいの頻度で配信されるのか?


どれくらいのボリュームなのか?


などなど、
読者の立場から、
発行者の目線でそのメルマガを解析してみてください。



良いなと感心できた部分。


これはちょっと・・・と感じた部分。


ちゃんとチェックするようにしてくださいね?







どうせやるなら、
お早めに^^




今日は
ここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純































posted by アドマス at 22:09| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

メルマガで集客してみよう その3 〜 残念ながらマニュアルはありません・・・



こんにちは。
アドマスです。






また、
降ってきました。


梅雨っぽくて、
良いですね^^


今日の降り方は、
何となくやさしくて個人的には好きです。




さてさて、
昨日お願いしていましたこのテーマについてのコメント、
今のところ書き込みゼロです・・・。



本当に、
このままこのテーマを
進めてよいものやら・・・




とりあえず、
あと2〜3日は待ってみることにします。




メルマガなんかより、
こっちのテーマをやって欲しい!!

こんなコメントでも、
歓迎しますよ。


本当に必要なテーマしか、
取り上げようと思っていませんから。


遠慮なくどーぞー^^








まぁ、
それはそれで、
今日はメルマガの発行準備についてのお話を
そのまま続けます。




メルマガを発行するには
いくつかの方法があります。



@メールソフトを使って配信する。

Aメルマガ無料配信サービスを利用する。

Bメルマガ有料配信サービスを利用する。

C専用のサーバードメインを取得して、
メール配信プログラムをアップして運営する。


知る限りでは、
こんなとこでしょう。


他にもあるかもしれませんけど、
その辺はちょっと・・・^^;



@は一般的に使われるアウトルックなどの
メールソフトを手作業で運用するやり方。

数十件程度の運用でしたら、
なんてことないでしょうが、

配信が数百、数千単位になってくると、
ちょっと厳しい・・・というより無理!です。

おすすめしません。



Aはインターネット上で気軽にメルマガ配信ができる
無料サービスです。
文字通り無料ですが、広告が載っていたり、
主催者が発行するメルマガがあなたの読者に届いたり
します。なのでタダ、というカラクリです。


Bは入会登録料や使用料を払って利用できる配信
サービスです。もちろん余計な広告なんかは載りません。
完全オリジナルメルマガとして運用ができます。


Cは完全に第三者に頼らずに、
メルマガを発行する時にとる方法ですけど、運営が
ちょっと難しいか・・・プロのサポートが必要になると
思います。



ちなみに、
私はBのパターンでメルマガを発行しています。

月額3000円。

それだけ見れば、
決して安い金額とは思えませんけど、
メルマガを発行することでの収益を考えると、
決して高い金額とは思わないので使い続けています。




これから、
全くの初心者がメルマガの発行をしようとすれば、

まずAの無料サービスを利用し、
運営に慣れてきたらBの有料サービスに移行する。

というのが、
妥当かもしれません。



ここで、
ひとつだけ注意点があります。


無料のサービスを利用する際は、
登録した読者のリストがその後のメルマガサービスに
移行できるものを選ぶ必要があります。


これをやっておかないと、
せっかく苦労して集めたお客さんのメルアドが
使えなくなり、
移行しようにもできない事態に陥ってしまいます。


というわけで、
無料の配信サービスを選ぶ際は、
あなたのメルマガ読者のデータを自由に取り出せる
サービスを選ぶ必要があります。





サービスを選ぶ際は・・・?




いま、
そんな疑問を持たれた方がいらっしゃったかも
しれませんね^^





そうです。

今回はメルマガ配信サービスを探して、
自分で利用するサービスを選ぶところから
挑戦していただきたいのです。



ブログの開設の際は、
マニュアルをご用意しましたが、
今回はナシです。




別に、
無精でこんなことを申し上げているわけではなく、
是非とも主体的に取り組んでいただきたいという
親心から申し上げています。




でも、
このままではあんまりなので、
少しだけヒントを・・・



インターネットの検索画面を開いて、
検索欄に「メルマガ 無料 配信 」と入力。


検索ボタンをクリックです。



これだけ。
後は自分の良いと思ったサービスを申し込んでください。





今の手順をやったところで、
わからないところがあれば気軽に聞いてください。


でも、
やる前から聞くのはやめてください。


やらないとわからないこと、
たくさんありますので。


積極的に実践される方には、
とことんサポートする用意がありますので、
安心して挑戦してみてください。








今日は
ここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 20:36| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

メルマガで集客してみよう その4 〜 つかずはなれず




こんにちは。
アドマスです。






はい、
今日もメルマガ発行準備について
お話しをします。




好きなメルマガサービスに登録したら、
いよいよメルマガを創刊という運びになります。





イヤ、
ちょっと待ってください。



実際に配信するためには、
いくつか事前に決めておかなければ
いけないことがあります。




その中のひとつが、
メルマガの発行頻度です。



メールマガジンと言うだけに、
直訳すれば手紙の雑誌・・・?
となりますね。



さらに、
雑誌と言うからには、
ちゃんと発行日が決まってないとおかしいですね?



ちなみに、
私が発行している『梶場通信』は不定期発行。



これは正直、
あまりよろしくありません。




皆さんは、
お客さん相手にちゃんとしたメルマガを
発行してください。




では、
どれくらいの頻度が良いか?




日刊?

新聞じゃあるまいし、
毎日記事書いて発行するなんて、
手間を考えるとありえませんね?



季刊?

年に4回?この少ない発行頻度では、
メルマガの存在さえ忘れられてしまいそうです。



では、
月刊?

う〜む・・・微妙にスパンが長いような・・・
でも月に一度だったら気楽にやれそうですね^^



週刊もしくは隔週刊・・・・

個人的には、
このあたりの頻度をおすすめします。


付かず離れずです。



結婚生活みたいなものですね。






えっ、
お宅は違うの?・・・










何で発行日を決めるかと言うと、
メルマガのタイトルに週刊とか付けてしまうと
お客さんの手前、サボりたくてもサボれなくなるのです。


まぁ、
読者のためと言うよりも、
発行者である自分のためという訳です。




その逆もあります。




発行間隔を決めておくことで、
過剰配信を避けることもできます。



どういうことか、
説明しますと・・・





メルマガを始めた私のクライアントが
実際にやらかした話です。





皆さんと同じショップ経営をやっている彼に
メルマガの発行を勧め、
やり始めた当初はいやいやでやっていた様子でした。


しかし、
うまくツボにはまると思いの外、
効果があることに気づいてしまったのです。



それからは、
前向きの姿勢に早代わり。


頻繁にメルマガを配信するようになりました。



そりや、
少しの手間でお客さんが狙ったとおりに
来店してくれるもんですから楽しくないはずありません。



でも、
ある時期を境に集客が思うように
できなくなりました。


それどころか、
クレームの電話も頻繁に掛かってくるように
なってしまったのです。




そう、
ご想像の通り、
彼はメルマガをあまりにも頻繁に
配信してしまったのです。



多い時は、
1日で8回も配信していたそうです。



これなら、
メルマガどころか、
正式な迷惑メールデスネ・・・




前向きどころか、
前のめりになり過ぎたというオチでした。






メルマガの発行頻度をどうするか?




このことを検討される際は、
発行者であるあなた、そして受信する側のお客さん、
両方が気持ち良いと感じる間隔をよく考えることが
大事になります。






使える道具も、
使い方を間違えると怪我をします・・・








今日は
ここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 16:46| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

メルマガで集客してみよう その5 〜 上手くいってる自分が見えますか?


こんにちは。
アドマスです。






週明けの今日、
空は穏やかに晴れています。





心なしか今年の梅雨は、
あんまりジメジメしていないような気がします。

湿度さえ低ければ、
暑いの、全然OKなんですけど・・・


梅雨明けはどうなるのでしょうね^^;







さて、
メルマガ配信サービスを利用するところは
みつかりましたか?



えっ?

まだ、
みつかっていない?






それは残念・・・





ちなみに
今日はお休みですね?



リフレッシュするための貴重な1日。



心身を養う大事な時間には間違いないですが、
普段は忙しくてなかなか頭が回らないところに、
想いを巡らせてはどうでしょう。



10分間程を使って、
メルマガを発行するとお店がどうなるか・・・

そのことについて
想像力を働かせてみませんか。






あなたはパソコンの前に座って、
スイスイとメルマガの登録作業を進めることが
できていますか?



あなたはお客さんに、
どんな言葉でメルマガを創刊した事を
お知らせをしていますか?



あなたはお客さんのメルアドを
どんなタイミングで、またどんな要領で
集めていますか?



あなたはメルマガの記事を、
どんな内容に定めて書いていますか?



あなたが書いたメルマガの記事投稿は、
スムースにできていますか?



あなたがメルマガを配信して、
すぐにお店の電話は鳴っていますか?



あなたが配信するメルマガに関して、
常連さんはどんな感想をあなたに述べていますか?

またそれを聞いて、
メルマガを発行して良かった・・・って、
あなたは感じていますか?








やったことない事。


やれば良いとわかっていても、
なかなか行動に移せないあたしい事。



面倒くさがりだからできない。

時間がない、忙しいからできない。

情報が足りない、理解できないからできない。



やったことない事をやらない理由は、

性格の問題ではなく、
置かれている状況でもなく、
今の条件的なものでもありません。



それには、
ちゃんと理由があるのです。




人間は習慣で行動する生き物ですから、
やったことがない事をあらたに始める時は、
それなりに大きなエネルギーを要します。


無意識のうちに、
脳みそがやったことがない事を行動の選択肢から
外してしまうのですね。




それを解消するのが、
上で紹介した自問自答を使ったイメージングです。




これが頭の中でできれば、
脳みその中で想像した事が映像化します。



メルマガを発行して、
どんな経過を辿りその結果がどうなったのか・・・


そのイメージがつくられれば、
脳みそがすでに起こった事実として
勝手に勘違いしてくれます。



脳みその中ではすでに起きた事になってしまいますので、
メルマガを発行する行為はこれから始めることではなく、
習慣化されるべき行為として脳みそが識別します。




結果、
スムーズに行動を起こせるようになるというワケです。



もちろん、
自分が実践しているイメージをする際は、
より具体的に、そしてよりうまくいっているイメージを
する事がポイントです。




間違っても失敗しているイメージングは
しないようにしてくださいね。












今日は
ここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純








追伸:


ある飲料メーカー・・・明治乳業さんの主催する
ランニングスクールへの参加権が幸運にも抽選で当たり、
昨日そのイベントに参加してきました。



講師は、
高橋尚子選手や有森裕子選手のコーチで超有名な小出監督。



ランニングの技術的な話はさておき、
監督が話していた内容で心に残ったくだりが・・・




「どんな目標だろうと、
やり方さえ間違っていなければ実現する。

できていない状況は
どうせ自分にはできないと
自分で勝手に壁を築き上げているに過ぎない。

自分でつくり上げた壁は
必ず乗り越えることができる。」



いろんな本や講演で耳にする類いの話ですが、
小出監督が言うと妙に得心してしまいました。


会場で彼が「できるよ!」と言うだけで、
何でも簡単にできるような気がするから不思議です。




まさに、
小出マジック・・・






最後にシークレット抽選会なる催しも準備されていて、
これまた幸運にも、抽選で見事に景品をゲットしました。



小出監督の直筆サイン入りランニンググッズ・・・




サインと一緒に添えられていた言葉が。



「夢の実現」



・・・いやぁ、たまりませんなぁ〜。


きっと、
小出監督は自分が成功するイメージを
自然と当たり前のようにできてしまう達人なのでしょう。



握手もしっかり交わせたし、
良いエネルギーをいただいてまいりました。



さて、
ありがたくいただいたこのエネルギー、
どう使いましょうか・・・





posted by アドマス at 11:52| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。