成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年06月08日

できる集客 その1 〜 お客様はあなたの鏡


こんにちは。
アドマスです。








新しいシリーズ、はじめます。




テーマは『集客』。





ここのところ、
ハウツー情報がずっと続いてました。


ここらで、
再びマーケティング談義に
戻したいと思います。




そうなんです。

ご想像の通り、
ブログのつくり方みたいな話しは
すっかり飽きてしまったのです^^




そんなわけで、
またしばらくの間は、
マーケティング話にお付き合いください。



ほんの少しでも
あなたのお店の商売のヒントになれれば、
うれしい限りです。










ウチのお客は値切り交渉が多くて・・・


なぜかクレームやキャンセルが多い・・・


特売やイベントをすれば来店してくれるのに・・・





自分のお店に来る、
お客さんに対するこのようなコメント。


聞いたことありませんか?





商売柄かクライアントから
こんな相談(グチ?)をよくされます。






もっと若い子に来てほしいのだけど、
オバチャンばっかなんだよね。

オバチャンがグループで来ると、
滞在時間が長い割りに客単価が低いし、
何とかなんないかねぇ・・・



・・・と、
そんな事を言うカフェのオーナーもいました。





さてさて。


来店いただける客層において、
お店が望む状態と現実が意に反して、
マッチしていないという事ですね。




あなたのお店では、
このような現象は起きていないですか?





何で、
こんな状況が生まれてしまうのでしょう?






お店の立地?


お店の接客?


お店の外観?




原因を考え出したら、
いろいろと思いつきますね。




しかし、
実はこんな思考で問題を解決しようと
試みている事自体が誤っているのです。




お店にとって、
ふさわしくない状況がある場合、
どうしてもその原因を外部に求めようとするのが、
人間の悲しい性・・・と言えば大げさでしょうか?



お客さんの問題=外部の問題



この図式で思考が止まっている
お店が多いことにビックリしてしまいます。





景気が悪いから・・・

不況だから・・・


こんなセリフが多いお店も、
売上不振の問題=外部の問題として
思考停止している全く同じパターンですね。




ズバリ申し上げますと、
お店で起きている現象の9割以上は、
お店内部の問題です。



望まない客層が来るのでしたら、
そんなお客さんが寄ってくるような方法を
無意識にお店がとっていると考えて
間違いないです。




上のカフェで言うと、
オバチャンが集まるようなやり方をしているから、
オバチャンが集まっている。



それだけの話しです。



若い子に来てほしいと願うならば、
若い子が来るような集客をするだけの話しです。





ひとつ例をあげましょう。






理美容関係のお店をやっていたら、
地元の情報誌に広告を掲載した経験が、
一度ぐらいはあると思います。


ご存知の通り、
実際の掲載誌を繰ってみると、


●●おすすめのサロン情報!!
みたいなコーナーがあって、

自店以外の理美容店の広告も
たくさん掲載されていますね。




そして、
情報誌の担当はこう言います。



読者のために、
特典か割引サービスをつけましょう。

そうすれば、
たくさんの来店が見込めます。



あなたは、プロが言うことだからと、
その話しに乗っかります。




そして、
実際に情報誌を見た新規客が
意外とたくさんやってくる。



おっ、この情報誌、
意外と使えるかもしれない。

年間で契約すると広告料が
もっと安くなると言ってるし、
この際契約しておくか・・・




ハイ。
賢明なあなたでしたら、
ここで思考を止めたりしませんよね?





ここで是非やっていただきたいのが、

この情報誌から発生した新規のお客さんが
どれだけ再来店(リピート)しているか?

この検証です。




いやいや、
検証は不要です。




おそらく、
10〜20%程度でしょうから・・・



紹介による来店者のリピート率は、
通常、悪くても50%はありますので、
情報誌からのお客さんのリピートの悪さが
際立ちます。




なぜ?




答えはカンタン。


特典や割引で集めたお客さんは、
特典や割引でお店を決めて、
特典や割引でいつでもなびくということです。



情報誌の誌上で、
他のお店がより魅力的な特典や割引を
打ち出せば、

これらのお客さんは躊躇なく、
離反するんですね。



そして、
情報誌に広告を載せて新規客を獲る方法を
続ける限り、永遠にこのようなお客さんを
追い続ける事を意味します。




広告料は目に見えるコスト。

特典や割引は見えづらいコスト。


そして、
せっかく集めたお客さんを失うコスト。

実は、
この見えないコストを掛け続けるコトが
もっとも痛い損失です。





こんな具合に、
お店がどんな集客の方法をとるかで、
来店するお客さんの質が決まってしまいます。



まさしく、
原因と結果の法則ですね^^





特典を付けると、特典の好きなお客が。

割引すると、割引の好きなお客が。

技術を磨けば、技術重視のお客が。

話術が得意なら、会話好きのお客が。

釣りが好きなら、釣り好きのお客が。





さて、
あなたのお店はどんなお客さんを
集客したいですか?



そのお客さんが来てくれるには、
どんな方法をとれば良いですか?










今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 12:14| Comment(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

できる集客 その2 〜 その人の向こう側?




こんにちは。
アドマスです。






今日も
集客についてお話します。





ほんの少しでも、
商売のヒントになれば、
うれしい限りです。









のっけから、
ちょっとした質問です。




あなたは、
どれだけの人と繋がりをもっていますか?



家族や親族、

友人、

仕事関係・・・



近い人、

遠い人・・・



好きな人、

嫌な人・・・



どんな繋がりかは、
ひとまず置いといて、
何人の人たちと繋がりがありますか?





天涯孤独という、
そんな言葉はありますけど、

人間は人から生まれて、
生まれた後はひとりで勝手に
大きくなれないわけで、

現実的には、
全くの孤独という状態は
ありえないですね。





では、


2人?



5人?



10人?



20人?







何かの本で読んだ記憶を辿ると、
この世でひとりの人間が持っている繋がりは、
平均で600人ぐらい。

少なくとも150人以上は、
自分と繋がりを持つ人が存在するらしいのです。




接客をするサービス業に従事する人なら、
その数はポンと跳ね上がります。





そんな数の繋がりなんて
あるわけないよ・・・



そんな事を言う人は、
単に繋がりの存在を忘れている、

もしくは
意識していないだけのことです。







さて、
今日もあなたのお店にお客さんがやってきます。


そのお客さん、
お一人でのご来店です。



でも、
ちょっと待ってください。





その人を目を凝らしながら
もう一度よーく見てみましょう。




何か見えてきませんか?



その人から無数に伸びる細い糸が・・・




その糸は、
そのお客さんと他の人との繋がりです。




そのお客さんの、


家族は?


友人は?


仕事関係は?




想像の翼を広げて、
お客さんの生活を俯瞰してみましょう。




お客さんは、
お客さんだけの存在ではありません。





その人の向こう側を見ながら、
お付き合いができるかできないか・・・


この視点が、
集客を成功に導くか、
失敗で終わらせるかの大きな分かれ道。





繋がりを意識しましょう。




毎日の接客、


提供するサービス、


商材選び、


そして販促・・・




考え付くこと、やること、
全てが変わります。










今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 11:37| Comment(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

できる集客 その3 〜 販促中毒?


こんにちは。
アドマスです。






今日も
集客についてお話します。





ほんの少しでも、
商売のヒントになれば、
うれしい限りです。









今日のお話しは、
いわゆるテクニックのお話しではないので、
それ系の話を期待されているなら、
パスして結構です。






数日前、
あるショップのオーナーから
販促について相談があるということでしたので、
お邪魔した時の事。




あまり愉快な話ではないので
お名前とか業種とかは伏せておきます・・・





そのオーナーさんは初対面にも関わらず、
相談に至った経過についての話もそこそこに

テーブルにつくなり、
どんな販促をすれば効果があるかについて
持論を展開し始めました。





1時間ぐらい経過した頃、
私は彼に尋ねました。




●●さんが、
販促関係の話にとてもお詳しいのは、
よく判りました。


それで、
今日ご相談されたい事は
どんな内容ですか?




すると、
彼はこう聞き返してきました。




これまでに自分が話した販促のやり方の中で、
実行するのはどれが良いか?






正直、
どれをやっても構わないし、


仮に、
全部まとめてやっても結果は
全て同じだと思ったのでこう言いました。




ご自身がこれ!
と思われるものをやったらどうですか?




彼があまり納得した風ではなかったので、
こう付け加えて帰る事にしました。





販促は販促で、
どんどんやっていただいて良いと思います。

それとは別に、
毎朝お店の前をキレイに掃除してみませんか?


半年間、
掃除を続けて、

それでも変化を感じなかったら、
その時にあらためて相談してください。




約1時間。


彼の話を聞きながら、
お店の様子を伺った結果、
彼に贈ったセリフです。










正直なところ販促は、
コストの問題さえクリアできれば、

どんな方法でやろうと、
やれば何かしらの効果はあります。




しかし・・・




販促云々を語る前に、
しっかりとやっておかなければならないことが
ちゃんとあるのです。




この話を聞いて、
賢明なあなただったら
すぐに気づいたかもしれませんね。





販促は、
菓子折りであれば、
キレイな化粧箱であったり、
包装資材にあたるものです。


見た目がきれいであれば、
1回ぐらいは買ってくれる
お人好しなお客さんはいるでしょう。




しかし・・・


お菓子そのものが美味しくなかったり、
容器の中に異物が入っていたりしたら、
どうでしょう?




どんな包装で、
商品を包もうか考える前に
まず忘れてはいけない大前提があります。



品質、
そして清潔さです。






建物としての店舗はある。

店先がキレイじゃない理由で、
お客が寄り付かない。



これでは、
商売道具としての店舗は
無いに等しいですね^^;





掃除、

そして
整理整頓。



これも立派な・・・

イヤイヤ、
不可欠な集客方法です。







さきほどのオーナーさん、
帰り際に見ると拍子抜けしたような
ポカンとした様子でしたが、

私が言った事の意味を理解して、
素直に実践していただく事を祈るばかりです。






今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 10:41| Comment(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

できる集客 その4 〜 野球型か?サッカー型か?


こんにちは。
アドマスです。






今日はひさびさに、
集客についてお話します。





ほんの少しでも、
商売のヒントになれば、
うれしい限りです。




続きを読む
posted by アドマス at 12:01| Comment(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

できる集客 その5 〜 知らせる


こんにちは。
アドマスです。





ブログランキングに参加中!

良かったら、
下のボタンをポチッ☆とお願いします。

blogram投票ボタン

毎度毎度のあたたかい応援、
本当に感謝しています。








職業柄、
理美容業に身を置く人は
コンクールに参加する機会が多い。



好成績を残すために
閉店後の夜遅くまで
技術に磨きをかける事もあるはずだ。



仮に、
あなたが、あるコンクールで優勝したとする。



さて、
あなたは、その『結果』をどう取扱うだろうか?




「コンクールを通して技術力も向上したし、
優勝できて自信も付いた。よかった、よかった。」

なんて、
自己満足&自己完結していないだろうか?



もしそうなら・・・

あなたが優勝した事実は、
あなたのモチベーションを上げるためだけのものではなく、

あなたのお店にお客さんを集めることができる
立派な営業資源であることに早く気付くべきだ。







「モンドセレクション」という賞はご存知だろうか?


名前ぐらいは聞いたことがあると思う。

優れた食品に贈られる
権威のある品評会が賞する栄誉だ。


特に最近は、
この賞の受賞を声高に標榜する宣伝が目に付く。




「モンドセレクション金賞受賞!!」



こう言われると、
何となくスゴそうに感じないだろうか?


「モンドセレクション」が
どんな賞かも知らないにもかかわらずである。




もちろん、
多くの食品会社が手間と暇をかけてまで
賞を獲りにいくのだからそれなりの理由がある。




その理由は、
至ってシンプル。



そう謳うことで
売れるから。








あなたがコンクールによく参加するなら、
いろんな賞を獲得しているかもしれない。


ここでは
どんなコンクールか、どんな賞かは
あまり気にする必要はない。




大事なコトは、
その事実をちゃんと世間に知らせることだ。


どんな小さな賞でも構わない。


余計な謙虚さや照れは不要、
知らせるものは多ければ多いほど良い。





広告で、
月並みの売り文句を入れるスペースがあるなら、
代わりにあなたの受賞歴を列挙してみよう。


本当にビッグな賞が獲れたら、
地元の新聞に取り上げてもらえるように働きかけよう。




もちろん、
誇大表現はご法度だ。




ただ、
事実を伝えるだけで良い。




それだけで、
お客さんがたくさん来てくれる。





しっかり、
知らせよう。







今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。