成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年05月23日

ブログへおいでよ その6 〜 相手が好む色は?



こんにちは。
アドマスです。






オリジナルのヘアカタログ、
制作は順調ですか?



少しでも、
つまずくようでしたら
遠慮は邪魔物。



気軽にご相談ください。

addmasuda@gmail.com






この手の作業、
好き嫌いがはっきり分かれるところです。



しかしながら、
このブログ。


趣味の講座ではなく、
儲けるための手段を紹介しているブログです。




あくまで、
稼ぐための手段ですから、

ブログを売上げを上げる手段と考えると
皆さんが常日頃から愛用しているハサミと
何ら変わりはありません。



ハサミがないと商売になりませんね^^


同じように、
ブログがないと集客になりません^^;




また・・・


ハサミを使うの面倒くさいから、
素手でカットしちゃえ!



・・・なんて話しはありえないですね?



ブログもまた然り・・・


つくるを面倒くさがっていたら
集客に変化が現れるコトは一生ありません。






目の前に
実践すれば必ず集客が伸びる方法が転がっている。


それを邪魔する人間は誰一人いない。


実践する難易度もそれほど高くない。


それも金銭的なコストはほとんど掛からない。




実践しない理由が見つかりますか?

一緒に頑張っていきましょう^^







さて、
前回より制作作業上のポイントを
紹介してしています。



今日は
その2回目。




手順Bから、
はなしをすすめてまいりましょう。





手順B
トップページにあたる親ブログ用のメールアドレスを
Gmailで取得する。




この作業については、
以前にマニュアルを紹介していました。

このマニュアルの記載内容を
そのまま作業していただけばOKです。




念の為に
もう一度URLを・・・

http://yulplanner.net/kajiba/gmailadressget.pdf


ここをクリックすると
そのままマニュアルがダウンロードできます。





次に・・・



手順C
手順Bで取得したアドレスを使って、
親ブログのアカウントをFC2ブログで取得する。



これまた、
以前公開してたマニュアルがそのまま使えます。



こちらも
再度URLを・・・

http://yulplanner.net/kajiba/fc2accountget.pdf



で、
この作業で意外と勘違いを起こしやすい部分がありますので
説明しておきましょう。



それは、
ひとつのブログを開設するためには、
ひとつのGmailアドレスを取得する
必要があるという事です。



FC2ブログの場合、
ちょっと面倒くさいですけど、

ひとりのユーザーが
複数のブログを持とうと考えると
その開設する数だけGmailアドレスを
用意しなければいけないんですね。


まぁ、
無料なので仕方がないです。





では、
次の作業・・・




手順D
対象にマッチしたブログのテンプレート(全体の
デザインひな形)を選択する。




この選び方についての知識を、
この場で全てをカバーするなんて、
ちょっと無理かもしれません。


具体的な内容は、
梶場セッションにて直接、
アドバイスさせていただきます。



ここでは、
最低限のポイントだけあげておきます。



先ず、
今つくり込んでいるブログは商用であることを
忘れてはいけません。



商用なのに、
自分の趣味や好き嫌いを丸出しにしたブログが
あまりに多すぎます。


あくまで、
そのブログを見せたい相手に受け入れてもらえそうな
デザインを選ぶべきです。



お客様の目線・・・です。





50歳代男性に見せるブログが、
ピンク花柄の背景デザインではおかしいですね。

まぁ、
極端な勘違い例ですが・・・




女性には女性が好きそうな、
子供には子供が好きそうな、


都会の人には都会の人が好きそうな、
田舎の人には田舎の人が好きそうな、



そんなテンプレートを選んでください。





2番目に、
できるだけシンプルなテンプレートが
商用ブログには適しているでしょう。



必要以上に主張が強い写真やイラストが入っていたりすると、
そこであなたが伝えたい情報のパワーが落ちます。



写真やイラストが、
見る人の注意を散らすわけです。




FC2ブログのテンプレート編集画面で、
使いたいテンプレートをすぐに探せる検索機能があります。


活用しましょう。








さてさて、
ちびちびと作業の手順を紹介していますけど、

何だかいけそうなときは
どんどん先へ進んでいただいて構いませんよ^^


事前に自分のブログへのアドバイスが
必要な際はブログのURLをメールでお知らせください。





次のセッションまで、
ちょうど1ヶ月。

まだまだ、
先は長いですがのんびりといきましょう。



次回は、
手順Eからの作業を紹介します。



お楽しみに^^
















今日は
ここまでとさせていただきます。






では。





アドマス こと 増田 純







posted by アドマス at 15:44| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ブログへおいでよ その7 〜 カスタマイズ?カストマイズ?どっち?

こんにちは。
アドマスです。





気がつけば、
前回の更新からまる1週間が過ぎていました^^;





最近はさらに、
1日、1日の感覚が短く感じます。



ちょっとよそ見してる間に、
軽く1週間が過ぎたって感じです。


もぅ、
油断も隙もあったもんじゃない・・・






時間は
資産であり、財産である・・・


最近は
この言葉が身にしみます。


自分の時間はもちろん、
他人様の時間も大事に、大事に、
使わせてもらおうと思う今日この頃です。






さて、
オリジナルのヘアカタログを公開するための
ブログづくりが頓挫していました。


真面目に作業を実践していただいていた方、
お待たせして申し訳ありません。





今日は、
手順Eからお話しをすすめてまいります。




手順E
不要なプラグインの削除など、
簡単なブログのカスタマイズをする。

手順F
本文にブログのコンテンツメニューを書いて、
親ブログが完成。




このあたりの話しは、
文章で説明してもわかりづらいので、
いつものようにマニュアルを用意しました。

ついでに手順Fまでカバーしていますので、
こちらを見ながら作業を進めてください。




クリックすれば、
マニュアルをダウンロードできます。

http://yulplanner.net/kajiba/mjfcustomize.pdf





マニュアルを見ればわかりますが、
今回、新しくおぼえていただく作業は、
全くと言っても良いほどありません。


以前、
練習でブログをつくっていただいた時の作業が
ほとんどを占めているからです。


復習するつもりで挑戦してみてください。




作業上、
わからないところがあれば、
何でも相談してくださいね。



ちなみに
恋愛相談は受付けていません。

あくまで、
今回の作業に関する質問か、
マーケティングに関する相談にしてください。







さて、
次回は手順Gからの作業を実践していきます。



1週間も空けることがないように頑張りますので、
これからもどうぞよろしく^^





今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純








posted by アドマス at 10:49| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ブログへおいでよ その8 〜 キレイなママは好き?





こんにちは。
アドマスです。







今日は
意表をついて連日の更新です^^





梶場セッションのインターバルが長かったので、
ゆっくり構えていたら、
あと20日あまりになっていました。




それまでに
やっておきたい事、やっていただきたい事を
加味して逆算すると・・・


うーん、
多少マキを入れなくては・・という状況です。



しっかり、
やらねば・・・







さて今日は
手順Gにあたるヘアスタイルカタログの
カテゴリーの選択について、
そのポイントをお話しします。



ブログをつくり込む前に、
ブログをみせる対象をあらかじめ
考えていただいているかと思いますので、
さほど戸惑うことはないですね。






あなたがどんなカタログをつくるか、
考える際は今想定している対象の人が、



面白いねぇ〜


なるほどぉ〜


参考になるねぇ〜


今度このスタイルにしてみようか・・・



などと、
喜んでいただけるようなつくりを
目指すことが大事ですよ。





私のバーチャルサロンは、
小さなお子さんと比較的若年の夫婦で構成された
ヤングファミリー層を強く意識して営業しています。


当然の事ながら
ブログもその人たちを想定したものをつくります。



ヘアカタログを展開するコンテンツブログは、
パパ向け、ママ向け、お子様向け、
それぞれにひとつずつブログを用意します。


こうすることで、
単独でのブログの使い回しが可能になります^^




ちなみに、
パパ向けのサンプルページはすでに開設しています。

http://mjfpapa.blog54.fc2.com/


・・・・
インターナショナルなバーバーですね^^;




次に、
ママ向けのヘアカタログブログをつくりこみます。


この制作プロセスを見ていただくことで、
手順を理解していただこうと思います。





まず、
やらなくてはいけない事。

当然ながら、
つくるのがヘアカタログだけに
ヘアスタイルサンプルを紹介するための写真が
必要になりますね。


これが集まらないと、
カタログをつくりようがありません。





以前にお話ししたとおり、
モデルを既存のお客さんに依頼します。



私も何人かの常連さんに
モデルになっていただきました。


苦心して撮影した
お客さんモデルの写真がこちら(嘘)


http://yulplanner.net/kajiba/mamamodel.pdf


・・・やっぱり、
インターナショナルです・・・^^;







ここで少しだけ、
真剣なお話しを・・・



お客さんにモデルになっていただいて
撮影する・・・


単にブログをつくるだけのためにする撮影なら、
なんて事ない話しです。



実は、
撮影する前段階の部分に大事な要素が、
隠されているのです。




そもそも、
ヘアカタログとは、
そのヘアスタイリストの技術的なレベルを
示す物であると同時に、

こんなスタイルはいかがですか?と、
お客さんに提案する強力なツールでもあります。



と言う事は、
撮影する前にそのお客さんにヘアスタイルについての
様々な提案がなされていて、

その提案が反映されたヘアスタイルが出来上がってないとダメだという事ですね。



お客さんへのプレゼンテーションを
ベースにした接客・・・

素敵なスタイルをつくるためのお客さんとの協同作業といってもいいかもしれません

・・・を意識することで、
中身の濃いヘアカタログづくりが実現します。





ヘアカタログづくりを口実に、
お客さんといろんなコミュニケーションを
取るコトができます。


お客さんのリクエストを忠実に再現しようとする、
御用聞き施術の比率を少しだけ減らしませんか?










次回は手順Hからの
作業を実践していきます。





今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純









posted by アドマス at 14:18| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ブログへおいでよ その9 〜 キレイなママがいっぱい!


こんにちは。
アドマスです。








6月に入り、
最初の更新です。



えっ!?
もう6月???



1年の折り返しの月???



つい最近、
年が明けたと思っていたら、
もう半年が過ぎようとしています。




ここの所の、
時間の流れの速さと言ったら・・・




まさに、
ドックイヤー・・・

いや、
キャットイヤー・・・

いやいや、
マウスイヤー・・・

いやいやいや、
虫けら・・・


って、
この際何イヤーでも構いません。



時間が
本当に愛しくてたまりません。





皆さんにおかれましても前半と同様に、
今年の後半も良い時間を積み重ねてくださいね。








さて今日は、
手順Hからの作業に入りたいと思います。



と、言っても、
手順Hと手順Iは親ブログをつくる際に、
やっていただいた作業と全く同じ内容のもの。


その時の作業を
単に繰り返すだけです。


3度目なので、
そろそろ慣れてきた頃では
ないでしょうか?



手順通りにまず、
ヘアカタログ用のGmailアドレスと
FC2ブログのアカウントを取得しましょう。




不安がある方は、
マニュアルをこちらからどうぞ。


念のため・・・



Gmailのアドレス取得方法
http://yulplanner.net/kajiba/gmailadressget.pdf

FC2ブログのアカウント取得方法
http://yulplanner.net/kajiba/fc2accountget.pdf






次に
手順Jですね。


こちらも
親ブログをつくる時にした作業と
まったく同じ作業なので説明は省略します。


今回、
私がつくったブログのサンプルは、
親ブログ、コンテンツブログ共に、
同じテンプレートで作成しています。


全体の統一感を優先させたわけです。




いえいえ、
決してテンプレート選びが面倒くさかった・・・
そんなコトではないですよ^^;




ちなみに、
コンテンツごとに、
同じテンプレートの色違いのものを
選んでみるのも良いですし、

あるいはそれぞれに、
全く違うテンプレートを選んでも構いません。


まぁ、
楽しみながら選ぶって事が大事ですね^^





こちらも
マニュアルをダウンロードできるように
しておきますね。


念のため・・・



テンプレートの選択方法
http://yulplanner.net/kajiba/fc2customize1.pdf






次に手順K。


このプロセスは親ブログとほんの少し、
作業内容が違います。


そのあたりの説明は、
いつものようにマニュアルを準備しましたので、
こちらからダウンロードしてください。



http://yulplanner.net/kajiba/mjfcustomize2.pdf

削除するプラグインの項目が若干違います。







さぁ、
これでコンテンツブログの環境が
整備できたことになります。

あとは
撮影した写真とテキストを投稿して、
ヘアカタログをひとつひとつ作っていく
作業に入っていきます。




カタログに掲載する写真の撮影は、
順調に進んでますか?


一度にたくさん、
撮影しようとせずに、

1日に1〜2カットぐらいのペースで
コツコツ&ボチボチやるのが、
継続するコツです。







次回は
最後のプロセスにあたる手順Lからの
作業を実践していきます。









今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純






posted by アドマス at 11:46| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ブログへおいでよ その10 〜 つくることが目的にあらず


こんにちは。
アドマスです。








さぁ、
ボチボチと続けてまいりました、
このシリーズ。


記事数が2ケタにのっかりつつも、
何とか最終回にこぎつけました。







さて、
本題に入る前にいま一度、
確認したいことがあります。




それは、
ブログのつくりこみ方法を中心に
話しを続けてきた今回のシリーズですが、

決して、
ブログをつくること自体が
目的ではないのです。




えっ、
じゃあ、いまやっていることは、
無駄なコトなの?



そんな声が聞こえてきそうです^^




もちろん、
ブログをつくる作業は必要ですよ。






大事なのは、
その理由です。






なぜ、
あなたは慣れない作業に四苦八苦しながら、
ブログをつくらなくてはいけないのか?



その理由を
もう一度思い出していただきたいのです。









既存のお客さんと
いつもと違ったコミュニケーションを取る。



既存客を起点に、
口コミや紹介を誘発させる。



ブログを通したコミュニケーションで、
お客さんに忘れられないように働きかける。



的確な情報提供で、
しっかりと自店の魅力を理解してもらう。



その他、
いろいろ・・・





商用ブログを運用する理由。




既存客向けに取り組みとしての
マーケティング的な要素が満載ですね。


それこそ、
てんこ盛りなのです^^




作業に慣れさえすれば、
コストもほとんどタダですし、
その割には高い効果が見込める。




そんな「買い」な取り組みなのです。




まぁ、
最後ですので、
これ以上は実践を勧めたりしません。



やった人だけが得をする。



それだけの話しです。





夏休みの宿題みたいに、
まだ作業に手を着けていない人。


まだ、
全然間に合います。






一歩。


いや、
半歩だけでも前に足を踏み出す。


これ、
勇気要りますけど、
大事ですよね。








さて今日は、
手順Lからの作業に入りたいと思います。




ヘアカタログをつくると言っても、
何か特別な事をするわけではありません。



ブログの記事投稿をする要領で、
お客さんのモデル画像とヘアスタイルに関する
情報を更新していくだけの話しです。





ここで、
現実的な話をしますね。




日々のブログの更新作業・・・



パソコンを使ったオペレーション。


操作さえ一旦憶えてしまえば、
女性の方が一枚上手です。


いろんな業種を見渡せば、
実はこの手の作業、
女性が得意とする分野みたいなのです。



生理的に
何かがあるのでしょうね。



逆に、
男性はこの手の作業が
どうも苦手みたいです。


私も含めて・・・




女性であっても
日々の更新作業が苦手・・・


そんな方は、
結構男性的な性格の持ち主かもしれません^^;





ブログのカスタマイズと
モデルさんの撮影は旦那さんが、


日々のブログ記事更新は奥さんが、


そんな作業分担がうまく続ける方法かも
しれませんよ。


いや・・・
意外とお子さんがそんな作業、
得意かもしれません。



家の稼業の手伝いになるし、
それで上手くいって褒めてあげれば、
子供さんも誇らしく思うに違いありません。




何より
お店の事です。



ひとりで抱え込まずに、
家族で、師弟で、スタッフ全員で、
みんなで取り組める枠組みを
あなたが作ってあげてください。


地味な作業が、
お店の楽しいイベントになるはずです^^





では、
ヘアカタログ(記事)更新方法についての
マニュアルを用意していますので、
こちらからダウンロードしてください。


http://yulplanner.net/kajiba/mjfkijikousin.pdf





楽しいヘアカタログができると良いですね。


出来上がりを見るのを、
楽しみにしています。




あっ、
つまづいた時は、
わかる範囲でお応えしますので、
気軽にご相談を。





今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純



































posted by アドマス at 12:34| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。