成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年11月23日

大前提 〜ブランディング考 その4



こんにちは。
アドマスです。





『ブランディング』をするには、
大前提がある。






それは、
取扱う商品や提供するサービスが、
「ちゃんと」しているというコト。



「そんなこと、
当たり前じゃない!」

なんて、
つぶやく前に聞いて欲しい。




取扱う商品や提供するサービスが、
ちゃんとしていなかったら、

せっかく『ブランディング』で
良いお店のイメージがつくり出せても
まったく逆効果になってしまう。



「イメージ先行で中身なし。」


まさに、
張子の虎。


間違えば、
詐欺師呼ばわりされかねない。




取扱うサービス。

理美容業であれば施術の技術を指す。



問題は、
どれくらいちゃんとしていればいいのか?という事。


「そんなの、
どれだけでもちゃんとしてなきゃ、
お客さんが来てくれない!」


なんて、
つぶやく前に聞いて欲しい。



商売に真面目すぎる人は、
この落とし穴に足をとられる傾向が強い。

ひたすら、
ただがむしゃらに技術一辺倒に走ってしまうのだ。




もちろん、
技術レベルは高いに越したことは無い。


ただ、
お客さんはあなたの技術だけを目当てに、
お店へ来てくれるわけではない。


『人はイメージでものを買う』
これは厳然とした購入行動の事実。



だから、
安心して欲しい。


ちびってしまうほど感動する技術なんて、
お客さんは期待なんかしていない。

得てして、
そんな次元違いの鍛錬された技術に限って、
普通に見えてしまうものだ。



ちゃんとしている技術とは、
お客さんを怒らせないと同時に、
喜んでもらえるレベルであれば十分。


この事実に、
気づく必要がある。




お客さんを怒らせるほどの低い技術レベル。
もうこれは論外。

早急に、
腕を磨き上げる事をおすすめする。



喜んでもらえるレベルは、
超人的な技術力で達成されるものではなく、
全然別物だ。

そして、
あなたが思う以上に
低い技術レベルでクリアができる。









今日はここまでと
させていただきます。






アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133682038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。