成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年09月15日

イベントをつくるC 〜コラボする


こんにちは。
アドマスです。




今日も引き続き、
イベントのつくり方についてお話します。



趣味、
さらには仕事の経験を活かしてのイベント。


これだけでも、
結構幅広くイベントを実施できます。


自分が入りやすいところから
挑戦してくださいね^^



では、
イベントのつくり方、
今日は駄目押しで、
もうひとネタをご紹介します。



少しだけ、
実施レベルが上がりますけど、
実益性が高いので挑戦する価値ありです。




興味のある方はどうぞ
このままお読みください。






ただ、
ひたすら技術を磨く・・・



理容師のたしなみとして、
必要条件ですね?


しかし、
お客さんを喜ばせるには、
決して十分条件ではありません。



お客さんにとって、
お店を評価するモノサシは技術だけではないからです。




あるいは、

ウチは理容店だから、
理容サービスだけしていればいいもんね・・・


今のご時世、
こんな考え方を持っているようでは
すぐにお客さんは「退屈」してしまいます。



もっと、
提供するサービスにバリエーションを
持たせるのも良いかもしれません。






例えば、
成人式。


成人式を迎えるお嬢さんのヘアメイク「だけ」を
お手伝いしていませんか?



着物の着付の先生、
貸衣装屋さん、
写真スタジオなどからの請負で
ヘアメイク「だけ」をお手伝いしていませんか?


ご存知の通り、
ひと言に成人式と言っても、

ヘアメイクをはじめ、
エステ、
記念写真、
衣装、
成人祝い、
同窓会・・・

こんな感じで、
いろんなビジネスを内包していますね?



これだけ間口の広いビジネスチャンスがあるのに
ヘアメイク「だけ」とは何とももったいない話です。



あなたのお店で主催しませんか?
成人式というイベントを。



これだけを話すと、
全部のビジネスについての知識がないから無理!!
という返事が返ってきそうです。



しかし、
冷静になって考えて見ませんか?



何から何まで自前でやろうとすれば、
それこそ無理!!・・・ですね。



でも、
それぞれのビジネスのプロと組むという手はあります。



他業種とのコラボ(協業)ですね。




あなたは、
イベントの枠組みを考える「だけ」です。


あるいは、
場所の提供「だけ」で良いかもしれない・・・




理容店でする・・・

成人式向けスキンケア教室
貸衣装の下見会
同窓生と一緒に撮る成人記念の前撮り会
お店主催の合同成人式
新成人だけのジャズコンサート・・・などなど

実動は他業種のプロに任せて、
あなたはイベントへの動員をするだけです。



お店は、
理容サービス「だけ」を提供する所・・・



この固定観念を取っ払うだけでも、
いろんな可能性が見えてきます。



あえて意地悪な言い方をしますと、

お客さんにとってのヘアメイクは
成人式のために必要だからあなたのお店に
お願いしているのであって、
あなたのお店でヘアメイクをしたいから、
成人式をするわけではないのです。


お客さんの目的は、
あくまでイケてる成人式を過ごすこと。



この理屈がわかれば、
成人式を迎えるお客さんにどんなお手伝いをすれば、
喜んでもらえるか?

このことが、
自ずと見えてくるはずです。




他業種とのコラボ(協業)というと
何だか小難しく感じるかもしれませんね。


でもよくよく中身を見れば、
飲み会の幹事をやる事とさほど差がありません。



あなたが「事を起こす人」に
なろうと思うか思わないか・・・それだけの事です。





主催者になりましょう。






今日はここまでと
させていただきます。





アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 14:47| Comment(0) | イベントのつくり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。