成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年07月04日

メルマガで集客してみよう その4 〜 つかずはなれず




こんにちは。
アドマスです。






はい、
今日もメルマガ発行準備について
お話しをします。




好きなメルマガサービスに登録したら、
いよいよメルマガを創刊という運びになります。





イヤ、
ちょっと待ってください。



実際に配信するためには、
いくつか事前に決めておかなければ
いけないことがあります。




その中のひとつが、
メルマガの発行頻度です。



メールマガジンと言うだけに、
直訳すれば手紙の雑誌・・・?
となりますね。



さらに、
雑誌と言うからには、
ちゃんと発行日が決まってないとおかしいですね?



ちなみに、
私が発行している『梶場通信』は不定期発行。



これは正直、
あまりよろしくありません。




皆さんは、
お客さん相手にちゃんとしたメルマガを
発行してください。




では、
どれくらいの頻度が良いか?




日刊?

新聞じゃあるまいし、
毎日記事書いて発行するなんて、
手間を考えるとありえませんね?



季刊?

年に4回?この少ない発行頻度では、
メルマガの存在さえ忘れられてしまいそうです。



では、
月刊?

う〜む・・・微妙にスパンが長いような・・・
でも月に一度だったら気楽にやれそうですね^^



週刊もしくは隔週刊・・・・

個人的には、
このあたりの頻度をおすすめします。


付かず離れずです。



結婚生活みたいなものですね。






えっ、
お宅は違うの?・・・










何で発行日を決めるかと言うと、
メルマガのタイトルに週刊とか付けてしまうと
お客さんの手前、サボりたくてもサボれなくなるのです。


まぁ、
読者のためと言うよりも、
発行者である自分のためという訳です。




その逆もあります。




発行間隔を決めておくことで、
過剰配信を避けることもできます。



どういうことか、
説明しますと・・・





メルマガを始めた私のクライアントが
実際にやらかした話です。





皆さんと同じショップ経営をやっている彼に
メルマガの発行を勧め、
やり始めた当初はいやいやでやっていた様子でした。


しかし、
うまくツボにはまると思いの外、
効果があることに気づいてしまったのです。



それからは、
前向きの姿勢に早代わり。


頻繁にメルマガを配信するようになりました。



そりや、
少しの手間でお客さんが狙ったとおりに
来店してくれるもんですから楽しくないはずありません。



でも、
ある時期を境に集客が思うように
できなくなりました。


それどころか、
クレームの電話も頻繁に掛かってくるように
なってしまったのです。




そう、
ご想像の通り、
彼はメルマガをあまりにも頻繁に
配信してしまったのです。



多い時は、
1日で8回も配信していたそうです。



これなら、
メルマガどころか、
正式な迷惑メールデスネ・・・




前向きどころか、
前のめりになり過ぎたというオチでした。






メルマガの発行頻度をどうするか?




このことを検討される際は、
発行者であるあなた、そして受信する側のお客さん、
両方が気持ち良いと感じる間隔をよく考えることが
大事になります。






使える道具も、
使い方を間違えると怪我をします・・・








今日は
ここまでにしたいと思います。









それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 16:46| Comment(0) | メルマガで集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。