成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年06月21日

できる集客 その3 〜 販促中毒?


こんにちは。
アドマスです。






今日も
集客についてお話します。





ほんの少しでも、
商売のヒントになれば、
うれしい限りです。









今日のお話しは、
いわゆるテクニックのお話しではないので、
それ系の話を期待されているなら、
パスして結構です。






数日前、
あるショップのオーナーから
販促について相談があるということでしたので、
お邪魔した時の事。




あまり愉快な話ではないので
お名前とか業種とかは伏せておきます・・・





そのオーナーさんは初対面にも関わらず、
相談に至った経過についての話もそこそこに

テーブルにつくなり、
どんな販促をすれば効果があるかについて
持論を展開し始めました。





1時間ぐらい経過した頃、
私は彼に尋ねました。




●●さんが、
販促関係の話にとてもお詳しいのは、
よく判りました。


それで、
今日ご相談されたい事は
どんな内容ですか?




すると、
彼はこう聞き返してきました。




これまでに自分が話した販促のやり方の中で、
実行するのはどれが良いか?






正直、
どれをやっても構わないし、


仮に、
全部まとめてやっても結果は
全て同じだと思ったのでこう言いました。




ご自身がこれ!
と思われるものをやったらどうですか?




彼があまり納得した風ではなかったので、
こう付け加えて帰る事にしました。





販促は販促で、
どんどんやっていただいて良いと思います。

それとは別に、
毎朝お店の前をキレイに掃除してみませんか?


半年間、
掃除を続けて、

それでも変化を感じなかったら、
その時にあらためて相談してください。




約1時間。


彼の話を聞きながら、
お店の様子を伺った結果、
彼に贈ったセリフです。










正直なところ販促は、
コストの問題さえクリアできれば、

どんな方法でやろうと、
やれば何かしらの効果はあります。




しかし・・・




販促云々を語る前に、
しっかりとやっておかなければならないことが
ちゃんとあるのです。




この話を聞いて、
賢明なあなただったら
すぐに気づいたかもしれませんね。





販促は、
菓子折りであれば、
キレイな化粧箱であったり、
包装資材にあたるものです。


見た目がきれいであれば、
1回ぐらいは買ってくれる
お人好しなお客さんはいるでしょう。




しかし・・・


お菓子そのものが美味しくなかったり、
容器の中に異物が入っていたりしたら、
どうでしょう?




どんな包装で、
商品を包もうか考える前に
まず忘れてはいけない大前提があります。



品質、
そして清潔さです。






建物としての店舗はある。

店先がキレイじゃない理由で、
お客が寄り付かない。



これでは、
商売道具としての店舗は
無いに等しいですね^^;





掃除、

そして
整理整頓。



これも立派な・・・

イヤイヤ、
不可欠な集客方法です。







さきほどのオーナーさん、
帰り際に見ると拍子抜けしたような
ポカンとした様子でしたが、

私が言った事の意味を理解して、
素直に実践していただく事を祈るばかりです。






今日は
ここまでとさせていただきます。






それでは。





アドマス こと 増田 純











posted by アドマス at 10:41| Comment(0) | できる集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。