成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年05月13日

ブログへおいでよ その2 〜おそろいだね

こんにちは。
アドマスです。







次回の梶場セッションは、
6月22日の開催に決まりました。



約40日のインターバル。



ブログをつくり込む為の時間は、
十分ありますね。





さて昨日は、
いちばん大事な報告を
うっかり忘れていました。






これから、
既存のお客さんに自分のブログへ訪れていただき、
口コミの誘発や客単価を上げる・・・

そんなブログのコンテンツを
みなさんにつくっていただく訳ですけど、

そのコンテンツの内容・・・

メンバーのみなさん全員で、
同じテーマのコンテンツづくりに挑戦することになりました。




おそろいのテーマですね^^




前回の梶場セッションで、
そのテーマが決まりましたので発表します。





梶場メンバーがつくるブログ、
共通のコンテンツ・・・



『あなたのお店オリジナルのヘアカタログ』




これをつくっていただきましょう!






このコンテンツをつくるとどうなるか?
いくつかポイントをあげますと・・・



●お客さんにモデルとしてブログに登場していただくことで、
本人が確認のためにブログを訪れる(交流機会増)。


●自分が登場しているブログを家族や友人・知人に
見せるかもしれない(口コミ促進)。


●提供できるスタイルのバリエーションを一覧性をもって、
プレゼンテーションできる(技術力への理解促進)。


●ヘアカラーなどの付帯サービスや新技術の提案が、
自然な形でできる(営業機会の拡大)。


●カテゴリ選びでお店の得意分野を明確に伝える事ができる
(USP効果による口コミ誘発)。




ざっと、
こんなところでしょうか?


カッコ内の言葉使いが硬いので、言い換えます・・・



●交流機会増・・・

接触時間の長さに比例して寄せられる好意度が上がります。

このブログもそうですね?

お店の情報に触れれば触れるほど、
そのお店に対して親近感が湧くという事です。



●口コミ促進・・・

自分がモデルとして登場していたら必ず見るでしょうし、
家族なんかに見せたくなるかもしれません。

本人は、自分の雄姿を見せたつもりでも、
見せられた方はお店の情報に自動的に触れてしまうわけです。

その時、その人が適当なサロンを探しているタイミングだったら、
どんな事が起こるのか・・・すぐに想像がつきますね?



●技術力への理解促進

いつものアレでお願い・・・特に男性であれば半数以上、
カットのオーダーはこんな感じじゃないですか?

それは、そのお客さんがイメージチェンジした自分をうまく
想像できていないために起こる現象です。

ウチのお店は、こんなカットもできるし、
こんなスタイルだってとっても得意なんですよ・・・

こんな情報が事前に伝わっていれば話は早い!

ブログで●●さんがしていたあの髪型、俺にも似合うかなぁ・・・
と、こんな相談が増えるはずです。




●営業機会の拡大・・・

新しい技術や新しい新製品。
お客さんに役に立つと自信があるけれど、なかなかあからさまに
おすすめすることができなかったりしますね?

何だか売込みみたいで・・・

その役割をブログに担ってもらいましょう。

ブログで●●さんがしていたヘアカラー、あれイクラするの?
お客さんがこう聞いてきたら後は説明するだけで良いですね?
売込み度ゼロで客単価が上がります。



●USP効果による口コミ誘発・・・

このコトについてはさんざんお話しましたので、あらためて
詳しい話は必要ないですね?

特長のないお店よりも、
ある分野においてコアでマニアックなお店ほど、噂になりやすい
という単純なカラクリです。




ちょっと長くなりましたが、
このコンテンツをつくることによる効果を紹介しました。



つくるメリットはわかったけど、
実際にどんな手順でつくれば良いかわからない・・・



そんな声が聞こえてきそうです^^



でも、
安心してください。



つくり込む手順はしっかりナビゲートしますから、
間違いなくつくり上げる事ができます。



後は、
実際に手を動かすかどうかデスネ。






まぁ、
作業面は問題ないとして、

作業で手を動かすその前にちょっとだけ
やっていただきたいことがあります。



それは、
どんなヘアカタログを作るか?

これを考えていただきたいのです。



お客さんは、
老若男女さまざまな方がいますね。



ただ、
漠然とお客さんが登場してるだけのヘアカタログを
公開しても芸が無さ過ぎます。




先ほど紹介した効果を最大限に引き出す、
売れるヘアカタログとは・・・!?





次回は、
このあたりの事についてお話をします。




どうぞお楽しみに^^







今日は
ここまでとさせていただきます。






では。





アドマス こと 増田 純








追伸:


ブログでヘアカタログ・・・・?

いまいち、
うまくイメージできない方がいるかもしれません。



その場合は、
ヤフーやグーグルの検索画面で『ヘアカタログ』と入力して、
検索してみてください。


参考になるサイトが、
わさわさヒットします。



いくつかのサイトを見れば、
大体のイメージがつかめると思います。




是非やってみてください。









posted by アドマス at 12:06| Comment(0) | ブログへおいでよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。