成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年03月09日

実践のヒントB 若はげと情報

今日もメルマガの記事をそのまま掲載しています。




(メルマガの記事ここから)





こんにちは。

アドマスです。






前回は、
広告の物理的な価値について
お話ししました。


量的な価値ですね。





もう一方で、
広告は運用のやり方で価値の内容が
上がったり下がったりします。


これが
質的な価値の動きです。





今日は
この広告の質的なお話しをすることで、
店頭POPをさらに賢く活用する方法を
知ることができます。




ちなみにあなたが
広告の質と量についてしっかり理解できれば、

今日からでも広告代理業を
始めるコトができます。



なんせ、
商売するのにライセンスは要らないし、
机と電話があればいいわけですから・・・


極端な話しですけど・・・^^







昨日のおさらいをしましょう。



広告は広さ・時間・場所で
料金が決まる・・・でしたね。



広さ・時間・場所・・・

これらの条件は物理的な条件であり、
量的な条件と言えます。




それではもう一方の
質的な条件とはどういうことでしょう?






多少、アカデミックな話になりそうです。

退屈になるかもしれず申し訳ないですが、
ちょっとの間だけ我慢して聞いてくださいね^^






文字情報

画像情報

音声情報


広告とは情報の集合体です。




新聞や雑誌などの
平面媒体を例に取りますと・・・


伝えたい相手に、より伝わるように
文字情報を整える・・・

これがコピーライティング。



伝えたい相手に、より伝わるように
画像情報を整える・・・

これがグラフィックデザイン。




一義的に言うと、

良い広告とは、
コピーとデザインに力を持たせ、
伝えたい情報を伝えたい相手に
より伝わるように加工された情報を指します。




良い広告とは訴える力がある情報の集合体。

こんな理解で問題ないでしょう。



ところが、
どんなに訴える力がある情報を
かき集めて伝えても
全然伝わらない場合があります。



どんなにインパクトがあるコピーを書いても、
どんなにクールなデザインをキメても、


どんなに実力のあるコピーライターに頼んでも、
有名で高額な報酬をとるデザイナーに頼んでも、



それにもかかわらずです。



伝わらない広告=売れない広告です。



実はコピーとかデザインとか言う前に
考えておかないといけない
とっても大事なコトがあるのです。


なんだと思います?









それは、

場所と情報のマッチングです。





焼き鳥屋でタキシード姿。

・・・NG


三ツ星フレンチでジャージ姿。

・・・これもNG




着る服は場所にあわせて考えますね。


TPOです。


情報にもTPOがあるのです。





ここからが本日の肝です。


とてもシンプルな肝です^^




もし、伝えたい情報があれば・・・

その情報を貰って嬉しいと思う人がいる場所で
その情報をお披露目すればいいのです。



これだけです。




前回、あなたのお店を広告に見立てて、
広告スペースの見つけ方とランクの付け方を
ご紹介しましたね。


その指標は
その場所がどれだけの人に見られているのか?
というものでした。




今回は
実際にその場所を広告スペースとして使う際、
この場所に置く情報はどんな情報が相応しいか
を考えてみます。


お客さんがその場所で情報に触れる瞬間、
どんなコトを考えてどんな欲求があったりするのか
それを妄想してみましょう。



あなたのお店の前を車で通りかかった時。


車を止めてエントランスに向かう時。


店内に入った瞬間。


待合ブースに座っている時。


シャンプーしている時。


パーマをしている時。


会計している時。




その時、お客さんは何を想う・・・




そろそろ髪きろうかなぁ・・・


今日はどんな髪型にしてもらおうかなぁ・・・


抜け毛が増えたんだよなー・・・


セットがなかなかきまらないのよ・・・


もう少し安いと良いなー・・・




この想いに合わせた情報を置くのが

まさしく「場所と情報のマッチング」です。




おっ、
このシャンプーなんか気持ち良い・・・

そう言えば、
最近抜け毛が多いよな・・・

そろそろ何かやっておかないとヤバイかも・・・

抜け毛に効く方法ってあるのかな・・・

でも聞くの恥ずかしいな・・・



なんて具合に、
お客さんがシャンプー中であれば、

意識は多少なりとも自分の髪の事や
シャンプーに向いているはずです。



そんな時、
シャンプー台の脇に目を移すと・・・


「若年性ハゲ急増中!今なら間に合う育毛相談実施中」


こんな文字が目に飛び込んできたら・・・


私だったら思わず相談してしまうでしょうね。


マジで^^



シャンプーをしていてこんな想いの彼には
間違ってもこんな文字は目に飛び込んでは来ないでしょう。


「ただ今お得意様謝恩キャンペーン実施中!」


置いている情報がNGなんです。



薄毛を心配しているお客さん

+薄毛を想起させる場所(シャンプー台)

+その時お客さんの視界に入る告知場所

それに

薄毛を解決できる具体的な方法(情報)を組み合わせる。




これで成果が出ます。







そこで今日も最後に同じ質問を・・・





あなたが作った店頭POPはどこに置く?






今日はここまでとさせていただきます。






それでは。







アドマスこと 増田 純







この記事へのコメント
こんばんは(^-^)/
いやいやぁ〜(^_^;)参りましたよ……今日の内容は 興味深かったですねぇ〜!

読みながら 思わず相打ち(そない・そない……みたいな)をうってしまいました。

私も 患者さんと会話をする中…… 患者さんのお宅で良い匂いがしたら 何の匂いか伺って お香やアロマのお話をします。
その人にあった ハーブやアロマの効能をお話し 私と一緒に体質改善や 身体への気遣いをお願いしています。
私にとって 患者さんのお宅から得る情報(色々な臭いや クッション 座布団 テレビ ソファーの位置 etc) 患者さん自ら得る情報(顔色 体温 髪質 着てはるお洋服etc)前文は 私にとって 出張スタイルの大きなメリットであり 大きな広報活動の材料でもあります。(梶場に集まる方々も含め)私にとって 患者さんは歩く広告塔なんですよね(^-^)だからこそ 今日のお話は 何度も何度も 繰り返し 繰り返し読み込みましたよ。
Yujiさん……に感謝で一杯です。 そして アドマスさん……分かりやすくて 納得がついてくる
内容をいつも
ありがとうございます。今後の展開が 益々 楽しみです。






Posted by Riho at 2009年03月09日 21:23
Rihoさん、
コメント感謝です。


お客さんが最強の広告であるという認識・・・
全く賛成です。


それにしても
随分と感度の高い接客をされているのですね。

今この瞬間、
目の前にいるお客さんを心底大事にする気持ち。


これが最強の販促ですね^^



Posted by アドマス at 2009年03月10日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。