成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年02月20日

何が望みでどうしたい?

こんにちは。

アドマスです。





ちょっとマユツバに聞こえるかもしれませんけど・・・



一切の既定概念や予断を頭から追っ払って、
これからするお話しを聞いていただけるならば・・・



皆さんの商売に劇的な変化が起こるかもしれません(汗)




いや、マジで。




近い将来、私の予測どおりにあなたに劇的な変化が起こるのならば、
その変化を起こすのは私の書いた記事ではありません。


それを読んだあなた自身であり、あなたのマインドです。




良い変化が起きることを祈っています。








ふたたび宿題のテーマのBについてのお話しです。


それではいきまーす。







●そのお客様が喜ぶであろう商品・サービスを決める
〜宿題のヒント その10





喜ばれる商品とサービスとはどんなもの・・・?



その答えを
これから数回の記事であきらかにしていきたいと思います。





お客様がお店に対し・・・



反応する


問い合わせる


申し込む


予約する


来店する


購入する・・・



これらはすべて
お店との関係の中でお客様が取る実際の行動ですね。



このブログのタイトルにもありますが、
マーケティング実践塾のマーケティングとは・・・


これらの
「お客様の行動すべてを発生させるためにお店がするすべての活動」
を指しています。



そしてお客様の行動すべては感情がベースとなって
なされているものなのです。






重要なので繰り返します。




お客様の行動すべては感情がベースとなってなされています。

くれぐれも忘れないようにしてください。





ここテスト出まぁす(笑)







さて、
お店のマーケティングを考える上で大前提となる知識を
あなたはひとまず手に入れることができました。



すると・・・
今まで見えなかったお客様の本当の姿が見えてきます。





ここで
お客様の感情を理解するために少しだけ一緒に考えてみましょう。






「なぜこのお客様はウチの店に来店するのか?」




・整髪するため


・シャンプーするため


・シェービングするため




どれでしょう?
当たり前すぎてどれも正解に見えますね?

でも、
残念ながらいずれも正解ではありません。




例えば整髪。


お店側は整髪の対価としてお代を頂だいすることから、
お客さんの髪を整髪すること自体が目的になります。


では、
お客様から見た整髪とはどんな位置付けかわかりますか?



・整髪してかっこ良くなりたい

・整髪しないと上司がうるさい

・整髪してないと今度の参観日に恥をかく

・整髪して若く見られたい

・整髪してさっぱりしたい



まぁ、いろいろありますが、
これらがお客様の直接的な来店の動機というものです。


整髪そのものは、
お客様がある目的を達成するための「手段」に過ぎないのです。



この来店動機が把握できれば、
お客様の感情を理解したことになるのでしょうか?



否!・・・・まだ足りません。



・整髪してかっこ良くなりたい

・整髪しないと上司がうるさい

・整髪してないと今度の参観日に恥をかく

・整髪して若く見られたい



そうしようと思うには、
そう思うようになった感情の動きがあるはずです。




・整髪してかっこ良くなりたい=女性にもてたい

・整髪しないと上司がうるさい=出世がしたい

・整髪してないと今度の参観日に恥をかく=認められたい

・整髪して若く見られたい=認められたい




・・・したい。
感情を表す言葉は「・・・したい」で表現されます。



この感情を表す言葉は本音の領域で語られます。
お客様の口から言葉として出てくることはありません。




「出世がしたいのでかっこいい髪型にしてください!」

「女の子にもっともてたいのでイマっぽいスタイルで!」


・・・なんて
こんなオーダーをするお客様・・・なかなかいないですよね。






新しく商品をおすすめする時や新しいサービスを考える時。

また広告や店頭POPのキャッチコピーを考える時。





お客様のこの「・・・したい」を満すことができる
手段や言葉を提供すること。


これが売りにつながる基本になります。




外に出てこないお客様の本音を汲み取ってあげてください。


本音を汲み取ることができるとお客様はとても喜んでくれますよ^^


「このお店、俺のことよく分かってるじゃない」って^^




ここで注意したいのが、
お店側の「・・・したい」事とお客様の「・・・したい」事を
一致させないと商品やサービスは売れないという事です。



お店側がいくら美顔サービスで売上を上げ「たい」と考えても、
お客様側に美顔サービスでキレイになり「たい」感情がなければ、
そのサービスは売れないわけです。



お客様のキレイになりたい感情を満たすことを目的に据えるべきで、
お店側は美顔サービスを提供することを目的にしてはマズイのです。




お客様の目的とお店の目的を一致させてください。

お客様の目的とお店の目的を共有してください。



さらに・・・

お客様の目的にお店の目的を合わせてください。

お客様の目的を果たすためにお店が手を貸してあげてください。



このお客さん、
感情ベースで何が望みでどうしたい?


お客様の感情にシンクロしようと試みることです。




今日、
お店に足を運んでいただいたお客様は、
どんな「・・・したい」事を抱えておいでなのか?



今日一日、
そんな目線で接客してみませんか?




もしかしたら
提供すべきサービスが見つかるかもしれませんよ^^











本日はここまでとさせていただきます。






次回も引き続き、
このテーマについてのお話しを。




どうぞお楽しみに^^









アドマス こと 増田 純




posted by アドマス at 09:34| Comment(1) | 喜ばれるモノとコト〜宿題Bのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。しぼって特殊の中で1番売り上げのいいヘアカラーいうかおしゃれ染め(白髪染め)で行くことに決めました。 よろしくお願いします。
あと・・別に相談なんですが、うちのお店で4月・5月に大学生のみでメンズエステの無料キャンペーンを考えているのですが、こっちに引っ越してくる大学生・今来ていただいてる大学生をターゲットとしてですね。どんな風にかくといいかな?と思いまして相談させていただきましたm(__)m  
Posted by おおやぶじゅん at 2009年02月20日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。