成り行きメルマガ 梶場の売る力通信 ただいま読者登録受付中!

セッションの補足やサポート、もろもろのお知らせなど、 最新の情報をメルマガで配信。下の登録フォームにお名前・ メールアドレスを入力して「メルマガの無料購読を申し込む」ボタンを ポチッ☆とやってください。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

※登録後すぐにメールの受信ボックスにメルマガが届きますので確認してください。受信していない場合は迷惑メールのフォルダに入っている場合がありますので、その際は迷惑メール解除を行ってください。


最近の記事
最近のコメント
大小不問 〜ブランディング考 その1 by アドマス (11/22)
大小不問 〜ブランディング考 その1 by みつあきの店 (11/20)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by アドマス (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
イベントをつくるA 〜好きな事をする by みつあきの店 (09/15)
晴れた朝の雑感雑記 by みつあきの店 (08/19)
晴れた朝の雑感雑記 by sirube (08/08)
梶場前半戦終了〜っ! by アドマス (06/30)
梶場前半戦終了〜っ! by ゆうじの店 (06/29)
ブログをつくってみよう その2 〜アカウント取得編 by 旅行好きのためのブログ (05/17)

2009年03月08日

実践のヒントA おいしい場所

今日の記事もメルマガ記事を掲載しています。



(メルマガの記事ここから)



こんにちは。

アドマスです。






今日は広告についての
ちょっとしたお話しから。




新聞・雑誌・テレビ・ラジオ。



広告4大メディアと呼ばれ、
長い期間にわたり主要な広告媒体として
あり続けてきました。



言うまでもなく、
広告を出す(出稿する)には
お金がかかりますね?



平面媒体である新聞・雑誌では
広告を掲載する面積の広さに

電波媒体であるテレビ・ラジオでは
オンエアする時間の長さに

それぞれ料金がチャージされます。



例えば、
雑誌であれば21×30センチだったらいくら・・・
テレビであれば15秒だったらいくら・・・

そんな具合に料金が決められています。



面積の広さで値段が決まるなんて不動産屋みたいですね。


実は上の条件以外で、
広告の料金が決まる重要な条件がもうひとつあるのです。



ご存知ですか?





それは「場所」です。




たとえ同一雑誌で同一面積の広告掲載でも、
表紙まわりに掲載するものとそれ以外で掲載するものでは、
全く料金が違います。


テレビも同様に、
視聴率が高いゴールデンタイム枠と深夜時間帯の枠では
料金の桁が変わってきます。



料金の高い低いは、
そのまま広告の効果への期待値だと考えて構わないでしょう。



場所に値段が付く訳ですね。




銀座4丁目交差点・鳩居堂前のひと坪の土地と
久留米六つ門交差点・井筒屋前のそれと
雲泥の開きがあるのは同じような理屈からです。




ますます不動産屋です^^






とすれば・・・・



こんな考えが成り立つ事に気づきます。



あなたの店舗は
そこに立地することでお店の存在や内容を知らせたり、
お客さんを呼び込んだり、
そこで商売する事で売ったり、買ってもらったり・・・



店舗は不動産であると同時に・・・
それ自体があなたのビジネスを助ける広告媒体なんです。




さっきのお話を振り返ってみましょうか。



広告の値段は、
広さ・時間・場所で決まる。



そうです。
あなたのお店を広告媒体に見立てれば、
場所により価値の差があることに気づくでしょ。




そこで
こんなコトをやってみます。



あなたのお店の内や外で、
宣伝や告知ができる場所をリストアップします。


次に
リストアップした場所の
それぞれの広告可能な最大面積を求めます。



この場所と広さの掛け合わせが広告のスペックです。



さらに、
その場所が月に何人ぐらいの人の目に触れるのか?
ざっくり見積もってみます。



その人数を一人あたり1円で換算します。


さぁ、
その金額がその場所の広告的な価値です。



月額の広告料金ですね^^




ざっと料金が出たら
それぞれの場所にランクを付けてみると
面白いですよ。




往来に向けて立てているポールサインの空きスペース。


エントランスドアの正面。


レジ背面の壁。


待合ブースのテーブル上。


鏡脇のカウンター。


シャンプーで下を向いた時のシャンプー台のボール。


シャンプーで上を向いた時の天井。



スタッフの背中(笑)


かわいい女性スタッフのお尻(爆)


オーナーのおでこ(苦)





こうしてみると、
店内でも宣伝可能なスペースはいくらでもありますね^^



ウチの店でたくさんの視線が集まっているのはどこだろう?

そんな発想が大事です。






最後にひとつ質問。





今回、
あなたが作った店頭POPはどこに置く?







今日はここまでにさせていただきます。






それでは。







アドマスこと 増田 純








追伸:


今日は広告の物理的な価値と店頭POPの活用方法を
からめてのお話でした。


次回は質的なお話をからめて・・・





追伸:


もうすぐ、目標の30記事。

かんばれ、オレ。








2009年03月09日

実践のヒントB 若はげと情報

今日もメルマガの記事をそのまま掲載しています。




(メルマガの記事ここから)





こんにちは。

アドマスです。






前回は、
広告の物理的な価値について
お話ししました。


量的な価値ですね。





もう一方で、
広告は運用のやり方で価値の内容が
上がったり下がったりします。


これが
質的な価値の動きです。





今日は
この広告の質的なお話しをすることで、
店頭POPをさらに賢く活用する方法を
知ることができます。




ちなみにあなたが
広告の質と量についてしっかり理解できれば、

今日からでも広告代理業を
始めるコトができます。



なんせ、
商売するのにライセンスは要らないし、
机と電話があればいいわけですから・・・


極端な話しですけど・・・^^







昨日のおさらいをしましょう。



広告は広さ・時間・場所で
料金が決まる・・・でしたね。



広さ・時間・場所・・・

これらの条件は物理的な条件であり、
量的な条件と言えます。




それではもう一方の
質的な条件とはどういうことでしょう?






多少、アカデミックな話になりそうです。

退屈になるかもしれず申し訳ないですが、
ちょっとの間だけ我慢して聞いてくださいね^^






文字情報

画像情報

音声情報


広告とは情報の集合体です。




新聞や雑誌などの
平面媒体を例に取りますと・・・


伝えたい相手に、より伝わるように
文字情報を整える・・・

これがコピーライティング。



伝えたい相手に、より伝わるように
画像情報を整える・・・

これがグラフィックデザイン。




一義的に言うと、

良い広告とは、
コピーとデザインに力を持たせ、
伝えたい情報を伝えたい相手に
より伝わるように加工された情報を指します。




良い広告とは訴える力がある情報の集合体。

こんな理解で問題ないでしょう。



ところが、
どんなに訴える力がある情報を
かき集めて伝えても
全然伝わらない場合があります。



どんなにインパクトがあるコピーを書いても、
どんなにクールなデザインをキメても、


どんなに実力のあるコピーライターに頼んでも、
有名で高額な報酬をとるデザイナーに頼んでも、



それにもかかわらずです。



伝わらない広告=売れない広告です。



実はコピーとかデザインとか言う前に
考えておかないといけない
とっても大事なコトがあるのです。


なんだと思います?









それは、

場所と情報のマッチングです。





焼き鳥屋でタキシード姿。

・・・NG


三ツ星フレンチでジャージ姿。

・・・これもNG




着る服は場所にあわせて考えますね。


TPOです。


情報にもTPOがあるのです。





ここからが本日の肝です。


とてもシンプルな肝です^^




もし、伝えたい情報があれば・・・

その情報を貰って嬉しいと思う人がいる場所で
その情報をお披露目すればいいのです。



これだけです。




前回、あなたのお店を広告に見立てて、
広告スペースの見つけ方とランクの付け方を
ご紹介しましたね。


その指標は
その場所がどれだけの人に見られているのか?
というものでした。




今回は
実際にその場所を広告スペースとして使う際、
この場所に置く情報はどんな情報が相応しいか
を考えてみます。


お客さんがその場所で情報に触れる瞬間、
どんなコトを考えてどんな欲求があったりするのか
それを妄想してみましょう。



あなたのお店の前を車で通りかかった時。


車を止めてエントランスに向かう時。


店内に入った瞬間。


待合ブースに座っている時。


シャンプーしている時。


パーマをしている時。


会計している時。




その時、お客さんは何を想う・・・




そろそろ髪きろうかなぁ・・・


今日はどんな髪型にしてもらおうかなぁ・・・


抜け毛が増えたんだよなー・・・


セットがなかなかきまらないのよ・・・


もう少し安いと良いなー・・・




この想いに合わせた情報を置くのが

まさしく「場所と情報のマッチング」です。




おっ、
このシャンプーなんか気持ち良い・・・

そう言えば、
最近抜け毛が多いよな・・・

そろそろ何かやっておかないとヤバイかも・・・

抜け毛に効く方法ってあるのかな・・・

でも聞くの恥ずかしいな・・・



なんて具合に、
お客さんがシャンプー中であれば、

意識は多少なりとも自分の髪の事や
シャンプーに向いているはずです。



そんな時、
シャンプー台の脇に目を移すと・・・


「若年性ハゲ急増中!今なら間に合う育毛相談実施中」


こんな文字が目に飛び込んできたら・・・


私だったら思わず相談してしまうでしょうね。


マジで^^



シャンプーをしていてこんな想いの彼には
間違ってもこんな文字は目に飛び込んでは来ないでしょう。


「ただ今お得意様謝恩キャンペーン実施中!」


置いている情報がNGなんです。



薄毛を心配しているお客さん

+薄毛を想起させる場所(シャンプー台)

+その時お客さんの視界に入る告知場所

それに

薄毛を解決できる具体的な方法(情報)を組み合わせる。




これで成果が出ます。







そこで今日も最後に同じ質問を・・・





あなたが作った店頭POPはどこに置く?






今日はここまでとさせていただきます。






それでは。







アドマスこと 増田 純







2009年03月10日

実践のヒントC〜一瞬の勝負!



本日もメルマガの記事から・・・





(メルマガの記事ここから)





こんにちは。

アドマスです。






前回、前々回と
広告の量と質についてお話してきました。



あなたのお店が、
ちゃんとした広告媒体であるという認識が
できたのではないと思います。



とても価値がある
広告にうってつけのスペース。



あなたのお店にありましたか?^^






お店で広告するのに
適切な場所が見つかり、
マッチさせる情報も用意できた。



これで伝えるため
最低限の準備ができたわけです。



今日はその情報を伝える際に
気をつけたいポイントを紹介しましょう。





それは・・・

その情報に触れる時の相手の状態。

もっと言えば、
情報を伝えるために与えられた時間。




伝える相手と情報の接触時間です。





例えば、
店先の往来に対して、
情報を発信する場合はどう考えるか?


お店の前を行き来している人達・・・

車に乗っていたり、

自転車だったり、

徒歩だったり・・・


もともとあなたのお店を目指して、
そこに通り掛かったわけではありません。


したがってその人にとって、
あなたのお店は“見えているけど見えていない”


そんな状態にあります。


全く意識されていない状態です。




「ウチは10年間もここで商売しているから
前を通る人はみんなここの事はわかっているよ」


よく店のオーナーから
こんなセリフを聞きます。


はっきり言うと、
これはお店側の勝手な思い込みです。




自分のことに関係がないお店の事など、
視界には入るけど存在は認知していない。

往来の人のお店への認識って、
しょせんそんな程度なんです。





話しが脱線しました。




あなたのお店が
往来の人たちの視界に入るのは、

徒歩で数分。

自転車で数十秒。

自動車で数秒あるいはコンマ数秒。



そんな程度です・・・




往来の人に
お店を認知してもらう時間なんて
ほんの一瞬です。





なぜか
巨大なスペースシャトルが置いてあったり、

自由の女神が建っていたり、

半分地面に埋まった状態で車が垂直に立っていたり、

そんなロードサイドの中古車屋さん。
見たことあるでしょ?



ほんの一瞬で往来の人たちに
自分のお店へ意識を向けさせるために
彼らも必死なんです。




この限られた時間をどう考えるか?




間違っても、
ウチのお店はここがスゴイ、あそこがスゴイ的な
口上を並べている暇なんてありません。




店先に巨大なスペースシャトルを
置けとまでは決して言いませんが、

往来の人がお店に注意を向けように
努力をする余地は十分にありそうですね。






そこでクイズをひとつ。




世の中には
年齢・性別・職業などに関係なく、
全ての人が関心を持っている情報があります。



少なくとも2つ・・・



その情報を店先で提供すれば、
あなたのお店に対する数十倍以上の認知を
獲得できる可能性があります。




その2つの情報とは何だと思います?





その答えは次回に。








今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



それでは。







アドマスこと 増田 純





追伸:

クイズの答え、
ちゃんと考えてくださいね。


以前Yujiさんに
お話ししたはずなので早く知りたい方は
彼に聞いてみてください。


Yujiさん、
憶えているかな・・・^^






2009年03月11日

実践のヒントD 正解者でました!

今回と次回の記事まで、
メルマガの記事を引用します。



その後はメルマガで新着記事を
ご覧いただくことができます。


メルマガの読者登録がまだの方は
どうぞお急ぎください。


登録はお名前とメールアドレスを入力して
ボタンをクリックするだけ。



カンタンです^^



あっ、
個人情報の管理は責任をもって
やりますのでご安心を。


決して、
メルマガ発行目的以外の
変なこと?には使用しません(妖)


登録お待ちしています^^





(メルマガの記事ここから)




こんにちは。

アドマスです。







世の中には
年齢・性別・職業などに関係なく、
全ての人が関心を持っている情報があります。



それは少なくともふたつは
この世に存在します。



その情報を店先で提供すれば、
あなたのお店に対する数十倍以上の認知を
獲得できる可能性があります。



さて、
その情報とは何でしょう?




考えていただきました?




何と、
昨日の午後にその答えをわざわざ、
メールで送っていただいた方がおひとり・・・



みつあきさん、
見事に大正解です! おめでとうございます!!


でも賞品はありません(爆)




みつあきさんが
ズバリ答えた正解とは・・・














時報。


そして・・・


天気予報です。






・・・えっ?

なぁーんだ・・・って、

いま、つぶやきました?



時間と天気だって?

世間話じゃあるまいに・・・って、

いま、頭よぎったでしょ?





でも、
ちょっとだけ聞いてください。


情報に対する人の態度って、
本当に面白いんですから。






世の中にはこれまた、
2種類の情報が存在します。



そのひとつが人間の力で制御できたり、
お金で買えたりするものに関する情報です。


この類いの情報は、
関心がある人がいたりいなかったりで、
完全に普遍的な情報にはなりえません。

爆発的に関心が高まったとしても
それは一時的なブームで収まってしまいます。



もうひとつが人間の力で制御できなかったり、
お金でどうすることもできないものに関する情報です。

自然、株価 、健康、老い 、死 ・・・

どの情報も誰もが気になって仕方がない
情報ばかりですね。

一生気になり続ける情報の類いです。



その中でも取り分け、
時間と天気に関する情報は超普遍的な情報です。




何気なく時計を見ていたり、

何となく明日の天気が気になったり・・・



それこそ無意識レベルで求めるくらいの強力な情報です。


車を運転していて、
通り沿いに大きな時計があれば何となく視線を
そちらに移した経験は誰にでもあるはずです。

自分の行動を振り返ればよくわかります。





想像してみてください。


その強力無比な情報が
自分の店から往来に向けて発信されたとしたら・・・





仮に店の前の道路が
毎朝必ず渋滞する道路だったら・・・

朝の渋滞なのでほとんど通勤途中の人ばかり。

という事は、
毎朝お店の前を通り過ぎる人ばかり・・・

その中には
遅刻しそうで時間が気になる人も多いでしょう。

その多くの人たちが時刻を確認するために向けた
視線の先にあなたのお店があったら・・・



場所と情報の
究極のマッチングです。



これ以上の説明は不要ですね^^



強力な情報の力に便乗し、
ついでに自分のお店のことも認知してもらいましょう。









時報と天気予報・・・気温、交通情報、株価・・・
プロ野球やJリーグの試合結果、占い、芸能情報・・・
他にも強力な情報はたくさんありますね。



強力な情報には共通する要素があります。



それはパブリックな情報であるという事・・・

公共情報ですね。


けっして、
そのお店の「私」情報ではありません。




そして
往来は極めてパブリックな人の流れ。



繰り返しますが、
往来の人たちはあなたのお店に
ほとんど関心を持ち合わせていません。


その人たちが思わず振り向くには・・・




この間の宿題を真剣に考えていただいた皆さんなら
もうおわかりですね。



その人たちが欲しがるものを
お店サイドで用意すれば良いのです。



ウチのお店は・・・という、
俺が!俺が!情報を差し出すのは次の段階。



パブリックなモノには、
パブリックな情報を提供するのが効果的な手法です。




このやり方・・・

一見するとお店の売上げに辿りつくまで
すごく遠回りしているみたいです。



そんなぬるい事やってる暇とかないんだよ!

そんな声も聞こえてきそうです^^



そこでちょっとしたエピソードを・・・



私が小学生の時、
毎日通っていた通学路にあるお店たち。


正確な名前とか知らないけど、
小学生の私は途上のお店のことを
こんな形で認識していたと思います。



大きな時計台がある床屋さん。

大きな楠木があるクリーニング屋さん。

火の用心の大きな提灯が下がっているお米屋さん。

交通安全を祈願したお地蔵さんがある電気店さん。

誰でもひと休みできるように長いすを設えたお茶屋さん。

なぜか今日の訓語を掲示板に張り出している畳屋さん。




じゅんちゃん、
どこで髪ばきってきたと?

えーと、
あの「大きな時計台がある床屋さん」。


じゅん!
忙しいけん「楠木のクリーニング屋」にこれ出してきて。

えーっ!
これから遊びに行くのにぃ・・・www



友達同士や親との会話の中でも、

「大きな時計台がある」床屋さんであったり、
「大きな楠木がある」クリーニング屋さんとして、

その意味がちゃんと「流通」していました(笑)


あれから30年余年経った今でも、
「大きな時計台がある」床屋さんの存在はちゃんと憶えています。

お店の名前はすっかり忘れてしまいましたが(苦笑)




些細な仕掛けでも
往来の人に気付いてもらい記憶してもらう工夫。



ちょっと前の商売人達の方が、
よっぽどビジネスセンスがあるような・・・



最近の町並みを見ていると、
ふとそう思ったりしてしまいます。







不景気だから、
ウチのお店は大変です。どうか利用してください。

これは私情報。



不景気だから、
みなさん大変でしょうが、いっしょに頑張りましょう。

これは公共情報。




さて、
往来の人達から共感を得るのは
どちらのメッセージでしょう?








今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



それでは。







アドマスこと 増田 純





追伸:

クイズの答え合わせはいかがでした?
また出題しますのでお楽しみに。


次回までこのテーマを続けます。





嬉しいこと3連チャン!



こんにちは。

アドマスです。






本日、
2回目の投稿です。




何せ、
いつネタ切れを起こすかわからない身。


記事のかため打ちは自殺行為に当たること・・・
ええ重々承知していますとも。ハイ。


ですが、

今日は嬉しいことが続きましたので、
思わず投稿してしまいました。



(この導入のくだり・・・ブログっぽくていいなぁ・・・^^)





ひとつめ。

梶場メンバーのけんじさんから、
初めてコメントをいただきました!


パソコンが直って、
ネット環境も復旧したみたいで、
良かったですね。


こちらこそお世話になります。

これからもよろしくお願いいたします(礼)





ふたつめ。

Yujiさん、Kastuyoさん、謎のミスターK氏とこの私。


4人でコッソリ企んでいる秘密のプロジェクトがいよいよ、
具体的に動き出しました。


秘密なので当然、
この場で内容については一切お話できません^^


梶場の売る力と同様、
こちらも思わずワクワクせずにいられない、
そんな取り組みです。



キャリボラの仕込みもこれから大変なのに、
Yujiさん、Kastuyoさん、ほんとに大丈夫?

・・・なんて、
うわべだけのやさしい言葉は掛けませんよ。


お二人なら、
スーイスイ、とクリアしてくれるでしょう^^




さらにみっつめ。


気が付けば、
目標にしていたこのブログの記事数30をクリアしていました。


ありがとうございます。


皆さんの投稿支援がなければ、
ここまで到達することはなかったでしょう。



特にKastuyoさん、

あなたに30記事を書きます!って、
大見得を切らなかったら、
おそらくこの目標達成はなかったでしょう。



感謝です。



ところで・・・
ソチラノブログハドウナノヨ?・・・・




何かメンバーでない方・・・
かなりの数の方が見ていただいているみたいで・・・


毎回毎回、
内輪ネタがメインで本当に申し訳ないです。



その内に
別の企画も考えようかと思いますので、
ご要望などありましたらお気軽にお声をお聞かせください。



それにしても縁とは、
何とも不思議です。


まだ、
お会いしていないあなた。

いつか会えるかもしれませんね。




これからも応援よろしくです^^





今日はこの辺で。





アドマス こと 増田 純



posted by アドマス at 14:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。